イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |パーティー考察

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユキトド構築 BW2ver.

既にテンプレが存在するほどの完成の域にあるユキトド構築を、自分なりにアレンジしてみた。



ユキノオートドゼルガガブリアスボルトロス-Tヒードランローブシン


ポケモン持ち物技1技2技3技4備考
ユキノオー気合いの襷吹雪草結び宿り木の種守る 
トドゼルガ食べ残し絶対零度波乗り身代わり守るアイスボディ
ガブリアス拘りスカーフ逆鱗地震ダブルチョップ寝言 
ボルトロス命の珠10万ボルト気合い玉目覚めるパワー(氷)悪巧み霊獣
ヒードランゴツゴツメットマグマストームめざめるパワー(氷)ステルスロック毒毒 
ローブシン先制の爪ドレインパンチマッハパンチ冷凍パンチ毒毒根性

続きを読む

無天候スタン

大好きな砂パからの脱却を図り無天候スタンに挑戦。俗に言う対面パ。




ボルトロスキノガッサハッサムカイリューヒードランスイクン



ポケモン持ち物技1技2技3技4備考
ボルトロス気合いの襷10万ボルト気合い玉目覚めるパワー(氷)電磁波 
キノガッサ毒毒玉気合いパンチマッハパンチキノコの胞子身代わりポイズンヒール
ハッサム拘り鉢巻虫食い蜻蛉返りバレットパンチ燕返し 
カイリューノーマルジュエル逆鱗地震神速竜の舞マルチスケイル
ヒードランカゴの実マグマストーム竜の波動ステルスロック眠る 
スイクン食べ残し熱湯冷凍ビーム身代わり守る 

続きを読む

毒菱入り受けループ

受けループを長らく使用していて、これが自分なりの受けループの結論であると言えるような納得のいく構築を完成させることが出来たので書き込みます。



バンギラス080.gif113.gif472.gif091.gif642.gif





ラッキー+グライオン+ヤドランという典型的な受けループの組み合わせをベースとし、そこにPT全体の決定力、処理速度を向上させることができる毒菱を仕込んでいることがポイントとなります。前途の3体は見せあい時点での圧力が凄まじく、相手の選出を大まかに絞ることが出来、それを予測した上でメタポケである他の3体で狩っていきます。ヒデキがドクロッグ入り受けループを使ってシングル厨でベスト16入りを果たし、先に結果を残されてしまいましたが、毒菱以外は少し性質の異なるPTだと思っています。とりあえず以下個別解説。



バンギラス

バンギラス

性格  意地っ張り

技   ストーンエッジ 噛み砕く 馬鹿力 炎のパンチ

持ち物 拘り鉢巻

実数値 175-204-131-××-120-113

AS鉢巻バンギ。受けループをメタってくるポケモンへのメタ、すなわちメタメタ候補その1。竜舞と迷いましたが仮想敵を迅速に狩れる鉢巻を選びました。ループを回しても負担がかかりづらく処理が難しいブルンゲル、ランクルス等を一撃で蒸発させる事が主な役割であり、こいつらがPTにいたら即選出。いかにバンギの試行回数を稼ぐかを常に念頭に入れます。バンギラスを呼ぶために準速馬鹿力が非常に優秀。また、炎のパンチでハッサム、ナットレイにも高い打点が持てる。特殊受けはより万能なラッキーに一任しており、耐久を切っている分鉢巻カイリューの逆鱗で中乱数1と過信は禁物。



ヤドラン

080.gif

性格  図太い

技   サイコキネシス 火炎放射 電磁波 怠ける

持ち物 リンドの実

実数値 201-××-165-120-111-53

典型的な格闘受けであるが故にバンギラス、ラッキーと相性が良く、一定の信頼が置けるポケモン。グライオンがパルシェンをホイホイ呼ぶので、破ってジュエルめざ草で突破しようとしてくる甘えたパルシェンをそげぶするためリンドの実を。電気が飛んできたら考参。電磁波は呼ぶラティオスやボルトロスへの遂行として欠かせない技であり、ハッサムに撒けば火炎放射で上からの打点を確保できます。個人的にこれがないとヤドランの存在意義はないと思っています。サイキネはローブシン、テラキオンの迅速な処理に。しかしながらこれらのポケモンは他で何とでもなることが多く、基本的にあまり選出していません。



ラッキー

113.gif

性格  腕白

技   地球投げ 身代わり 電磁波 卵産み

持ち物 進化の輝石

実数値 325-××-62-××-126-102

テンプレBSラッキー。特殊受けを全て一任できる汎用ポケモン。テラキオン、ウルガモス等の仮想敵を考えると、ヤドラン同様に電磁波は欠かせないものとなります。毒毒ステロを切っているため決定力に欠ける分、毒菱等後ろのサポートが不可欠に。圧倒的な抑制力を持つが故に相手の選出が露骨でありメタられるため、選出は控えめ。



グライオン

472.gif

性格  陽気

技   炎の牙 バトンタッチ 身代わり 守る

持ち物 毒毒玉

実数値 176-115-152-××-95-161

砂嵐や毒等の定数ダメを稼ぐ事に非常に秀でているポケモン。汎用格闘受けではない。パルボルトグライの形によるまもみがの一方的なハメ、削りをちらつかせつつ隙を見てバトンで味方に繋ぐ事も出来る。主なバトン先は当然バンギラス、ボルトロス、パルシェン。根性ローブシンへの強引な後出しも○。また基本的にハッサムの処理はこいつに一任しています。地震を切っているためドリュウズがゲロく、消耗した揚句の果てに終盤にドリュウズにタテられぬよう繊細に立ち回る必要あり。



パルシェン

091.gif

性格  陽気

技   氷柱張り ロックブラスト 毒毒 毒菱

持ち物 拘りスカーフ

実数値 125-147-201-××-63-134

メタメタ候補その2であり、このPTの要。恐らく最も選出機会が多いです。先発に置くことが多く、初手に何を選択するかでその後の立ち回りが大きく変わっていきます。後ろに理論的にパルシェンが受かるポケモン、すなわち破り後のジュエルめざ草=ラティの眼鏡流星を耐える指数を持つ水ポケモン(ブルンゲル、水ロトム、スイクン等)がいればホイホイ出てくるので、一点読みで毒毒を選択します。ユキトド等毒+まもみがが成立可能な場合は素直に毒菱。一貫しているため初手に出てきやすい竜に対しては素直に氷柱張りを。スカパルを置くことで受け要因3体が竜に一方的に起点にされることがなくなるので非常に相性が良好です。



ボルトロス

642.gif

性格  臆病

技   10万ボルト 目覚めるパワー(氷) 身代わり 守る

持ち物 食べ残し

実数値 167-××-92-159-101-179

メタメタ候補その3。パルシェンと同様に受け3体が誘いやすいメタに対して上からの打点が確保できる貴重なポケモン。ガブリアス、テラキオン、スイクン、ブルンゲル等に対してダメが入るのは本当にでかい。ラティオスに対しても身代わりすることでトリックを決めさせません。役割としてはヒデキが使用するドクロッグに似ているかと思います。残飯持ちなので砂ダメによる自害もないです。なお実数値が帯ボルトのテンプレ配分となっていますが、無振りガブを一発で落とせるなど困った点は特に見当たらず、そのまま愛用しています。




パルシェン+ボルトロスorグライオン+α

これが基本選出となります。相手のPT次第でパルシェンの行動パターンが変わり、それぞれのチャート通りに立ち回るといった形です。
前途の通り、パルシェンを見せればほぼ確実に受かるポケモンが出てくるので一点読みで毒毒を選択し、眠ったり再生している隙にボルトやバンギで美味しく狩り、その後はパルシェンでタテる、といったパターンがひとつの勝ち筋として確立することが出来ていると思います。
先発に竜が出てきた場合はそのまま氷柱張りを選択。スカパルは何故か警戒されにくく、そのまま倒れてくれる場合が多いです。不意のスカラティにはご注意を。
相手のPT次第では毒菱を選択。トノグドラ、バンギガブ、ユキトドに対して特に有効であり、場合によっては一方的に刺さります。カバドリにも撒きたいところではありますがドリュウズの存在があるので安定とは言い難いです。

このPTの詰み要素としては、主にヤドランでパルシェン、テラキオン、グライオンでドリュウズ、ハッサム、ナットレイがそれぞれ受からない場合。電磁波を撒いて誤魔化したり、バンギやボルトを積極的に出して舞わせない事が重要になってきます。

実はそこそこ前から使用していたPTであり、フレ戦等でかなり安定した戦績を残しているので、シングル厨でも使えば良かったかなぁと反省中。ただ回すのに時間がかかるので大会ではあまり回したくないなーとも思う;;
とりあえず受けループは性に合わないのでこれ以上作らないと思う。

第20回シングル厨の集い 使用パーティ解説

トルンさんが主催している第20回シングル厨の集いに、ヒデキとともに参加させていただきました。結果は3勝6敗で予選落ちと納得のできる結果は残すことは出来ませんでしたが、今後への反省材料を抽出するためにもPTの解説と対戦ログをここに残しておきたいと思います。まずは使用PT解説からどうぞ。



カバルドン257_20120114192505.gifラティオスハッサム091.gifボルトロス





直前まで悩みましたが、今回はカバ単PTを使いました。普段から何度も回していたバシャーモ入りカバドリから派生したPTであり、カバで起点を作っていかに他の二匹で全抜きするかがコンセプトとなります。味方一体が倒されても後続がその相手を起点にして舞う、といったように、どのような局面からでも全抜き体勢を狙えるように組んだため、攻撃的なPTとなりました。ドリュウズを外してしまった理由は後述します。以下個別解説です。



カバルドン

カバルドン

性格  腕白

技   地震 ステルスロック 欠伸 吠える

持ち物 オボンの実

実数値 212-132-162-××-118-67

テンプレカバルドン。指数受けと起点作りを兼任できる頼もしい存在。PTに低耐久が揃っており後出ししていきたい場面が多いのでオボンの実。スターミー、スイクン等の居座ってくる敵が鬱陶しいので吠えるも切れませんでした。実際の試合では他のポケモンのクッションになることが多く、腐ることはほぼなかったかと思います。後で気づきましたがなんと9戦皆勤賞。



バシャーモ

257_20120114192505.gif

性格  陽気(使用した個体はせっかち)

技   飛び膝蹴り フレアドライブ 剣の舞 身代わり

持ち物 格闘ジュエル

実数値 155-172-91-××-90-145

このPTのエースであり今回最も活躍したポケモンです。今大会で勝ち取った3勝はこいつのお陰と言っても過言ではないでしょう。一度舞ってしまえばジュエル飛び膝でカバルドン、ラティオス等を落とすほどの火力。現在KP最上位をキープしているラティハッサムや止めにくい天候に強く、今後もトップメタとしてその数が増えることが予想されます(今回のシングル厨ではガブリアスを差し置いてKP5位でした)。当然ヤドラン、ブルンゲル等の耐久水を呼ぶのでバックアップが必要です。今回はボルトロスにその役割を任せました。



ラティオス

ラティオス

性格  臆病

技   流星群 竜の波動 波乗り トリック

持ち物 拘り眼鏡

実数値 155-××-101-182-130-178

圧倒的な上からの打点とトリックによる起点作り。トリックで技を縛り、バシャでタテるといった流れを1試合だけ作ることができました。しかしながら立ち回りが繊細な分、何度か繰り出すうちに砂や毒などの定数ダメで過労死してしまう面があったことは反省すべき点です。


ハッサム

ハッサム

性格  生意気

技   蜻蛉返り バレットパンチ 剣の舞 羽休め

持ち物 オッカの実

実数値 177-151-133-××-132-63

竜へのクッション、後続を出来るだけ無償降臨させるために採用。カバの欠伸ループ、ミラー意識で最遅で使っています。今回使ってて思ったことは、自分のハッサムの立ち回り方が下手だったこと() 実際ハッサムを選出した試合はほとんど負けを喫しています。特に後先の消耗戦も考えずに強引に後出ししにいっては終盤に繰り出せなくなってしまったことが何度もあり、この点は早急に改善をしていかなければならない課題となりました。


パルシェン

091.gif

性格  無邪気

技   氷柱針 ハイドロポンプ 目覚めるパワー(草) 殻を破る

持ち物 草のジュエル

実数値 127-121-201-149-58-115

破った後ヤドラン、水ロトムで止まらないためにめざ草搭載。本来、バシャーモに次ぐ抜きエースとして期待していたのですが、なんと9戦中一度も選出できず……。理由としては、パルシェン自体今までほとんど回したことが事がなかったから() こいつを評価してPTに組み込んだのは、つい最近の事でした。もう少しこのPTで実戦経験を積んでいればより多く選出できたかもしれない…と、言い訳してみる。今思えば、バシャーモの天敵であるカイリュー入りのPTに対して選出出来ていたかもしれません。


ボルトロス

ボルトロス

性格  臆病

技   10万ボルト 気合玉 目覚めるパワー(氷) 身代わり

持ち物 命の珠

実数値 155-××-90-177-100-179

バシャ、パルシェンが呼ぶポケモンを効率よく狩るために採用。このPTの中では最も初速度のあるポケモンだと思います。また、バンギラス+ヤドランのような組み合わせを一匹で見れることを評価して採用したのですが、選出は多いものの、あまり活躍の場はなかったかと思います。短命であり、すぐにカイリューの神速圏内に入ってしまう点も気がかりでした。


【総評】

ドリュウズをPTから抜いてしまったことを最も後悔しています。元来はパルシェンの枠をドリュウズにして回していたのですが、バシャーモとドリュウズの仮想敵が被ってしまう点と、なおかつバシャーモは単体で選出しやすく、単体で全抜き体勢に持っていきやすいといった理由から、迷った挙句にドリュウズを解雇し、多くの物理技を起点にできるパルシェンを採用しました。しかしながらこれが結果的に裏目に出たわけであり、カバドリという完成された構築が本来持っている圧倒的な縛り性能を失ってしまい、実際に相手の選出を縛る事は出来ていませんでした。バシャーモ、パルシェン共に初速度が足りず、結果論ではありますが、予選を戦ってみてドリュウズを採用していれば勝てた試合があったかもしれないのは事実です。シングル厨参加者の中にも、カバドリにバシャーモを組み込んでいるPTはいくつも見受けられました。
結局ドリュウズを連れていけばよかった、というオチですね。


対戦ログの方は後日まとめていこうと思います。

両壁アグノム+バトンサクラビス

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
最近よく回しているPT(といってもまだほんの数日間ですが;;)を紹介。某所で潜っていたら素晴らしい組み合わせを見かけたので、これを基調とし自分なりに組んでみました。まあ要はパクリですねゴメンナサイ。配分は一応オリジナルです(

   アグノム  +   サクラビス


この組み合わせ。アグノムで場を作り、サクラビスからエースにバトンをつなぎ無双、という至ってシンプルな戦術ですがこれがまたお互い絶妙にマッチし合っていてビックリ。とりあえず各種解説。


アグノム

持ち物  メンタルハーブ

技    リフレクター 光の壁 ステルスロック 挑発

実数値  167-××-91-××-105-183

・無補正A極振ガブリアス(182)の逆鱗耐え

・無補正C極振ラティオス(182)の流星群耐え

場作り専門。ユクシー等と決定的に異なる性質はラティを上回る素早さ。トリック持ち眼鏡ラティに対して最低でも2度動くことができます。攻撃技を切っている分挑発に弱いので持ち物はメンタルハーブ安定。エルフーン、ボルトロス等に挑発返しをすることができます。壁+挑発さえ決まれば十分に仕事をしたといえます。ただ置き土産等で自主退場できないのが少々痛い。


サクラビス

持ち物  白いハーブ

技    ハイドロポンプ 冷凍ビーム 殻を破る バトンタッチ

実数値  155-××-126-149-108-97

・C極振ラティオス(182)の流星群耐え

アグノムに場を作ってもらった後に降臨。壁+挑発が効いていれば安全に破ることができます。いざとなればそのままアタッカーとしても機能することもできる意外と器用な子。ただ兼アタッカーとして見るのであれば若干数値が足りないのでCSぶっぱでの起用も一考だと思います。


さて次はエース枠について。相手がどのようなPTであれ、破りバトン後に3タテできるような火力を持つポケモンが必須となります。その候補が


149.gif ローブシン ガブリアスボルトロスキノガッサ


こいつ等。竜は言わずもがなですね。キノガッサは火力こそ他のポケモンに劣るものの、水タイプとの良好な相性補完からサクラビスからバトンを貰いやすく、そこから全抜き態勢に持っていくことが可能です。
この中で特に是非とも組み込んでおきたいのがカイリューとローブシン。それでは残りの2匹も含めて解説です。



カイリュー

持ち物  命の珠

技    逆鱗 地震 神速 火炎放射

実数値  167-204-115-108-120-132

・ASぶっぱ。

エースその1。バトンが成功すれば殆んどすべてのポケモンを確1に。特に2ランク上昇+珠神速の火力は凄まじいものがあります。同系統のガブリアスに比べ特性のおかげで繰り出しやすく、また、神速によって相手から上から叩かれる心配がないのが偉いところ。しかしながら単体で見れば火力不足が否めず、バトン失敗時に備え竜舞を持っておくといいかもしれません。



ローブシン

持ち物  火炎玉

技    ドレインパンチ 空元気 ストーンエッジ マッハパンチ

実数値  181-211-115-××-85-97

・ASぶっぱ。

まさかのASローブシン。このPTで一番のお気に入り。準速にすることでバトン後にラティオスやボルトロスを抜けるので3タテ出来る可能性が非常に高まります。カイリュー同様に先制技の縛り性能も見逃せない点。バンギムドーヤドランのような一見めんどうな並びもまとめて突破することが出来ます。



ラティオス

持ち物  拘り眼鏡

技    竜の波動 波乗り 置き土産 トリック

実数値  155-××-101-182-130-178

・CSぶっぱ。

先発要員その2。トリックで起点作り、置き土産で強引にサクラビスに繋いだり。波動採用は相手に起点を作る隙を与えないため。実際は殆んど選出しないです。



ハッサム

持ち物  オボンの実

技    蜻蛉帰り バレットパンチ 剣の舞 羽休め

実数値  177-150-132-××-133-63

・最遅。

・眼鏡ラティオスの雷をオボン込で2耐え

相性補完。正直この枠は誰でもいいと思います。竜の一貫性、特にカイリューが怖いので今回はハッサムを入れてみました。こいつもほとんど選出しません。


アグノムサクラビス149.gifローブシンラティオスハッサム


選出パターン

アグノム+サクラビス+カイリューorローブシン

アグノム、サクラビスはほぼフル選出。砂にはローブ、雨にはカイリューをエースに構えます。ぶっちゃけ使っていてなんかもう作業ゲ感がすごいです() アグノムが爪痕を残し、サクラビスがエースに無事にバトンを渡せばほぼ確実に勝ちを収めることが出来ますが、逆に妨げられてしまえば勝ち星が遠くなってしまいます。その中で臨機応変に立ち回ることが出来たらなと思いました。あとは、アグノムと竜が開幕で対峙すると結局択ゲになってしまうことも課題です。つまりラティハッサム選出ももう少し考慮に入れようよということですね。



とりあえずASローブシンさんマジイケメン。

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。