イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |第4回 ヘドロゲンガー風ムウマージ

Entries

第4回 ヘドロゲンガー風ムウマージ

ムウマージ
i_muumaaji.gif

種族値:60-60-60-105-105-105
努力値:188-0-86-0-0-236
実数値:159-72-91-125-125-170


性格:おくびょう
特性:ふゆう
持ち物:ラムのみ
技構成:シャドーボール/いたみわけ/のろい/みがわり

ヘドロゲンガー風といいながら、黒いヘドロを持たせていないムウマージ。それは自分がダメージを受けるから当然と言えば、当然ですね(キリッ

ところで、ヘドロゲンガーとは知ってますか?
ヘドロゲンガーとは第四世代後期より流行した、無補正A252振りガブリアスの逆鱗を耐えるよう調整されたゲンガーを指します。第五世代において主な技構成は、シャドーボール/いたみわけorおにびorのろい/みがわり/かなしばりといえます。
第五世代において、ヘドロゲンガーを用いるメリットとしては流行しているラッキー・グライオンの組み合わせを突破しうる可能性が生まれます。
では、ゲンガーとの差別化は何でしょうか?それは特殊耐久です。物理耐久に関しては、その種族値が見事なまでに一致しますが、特殊耐久にはムウマージにだいぶ分があります。これによって、物理相手にも特殊相手にもある程度の仕事を果たすことができるのがこのムウマージの利点です。また、ムウマージには"めいそう"や"わるだくみ"を積む型をはじめ、"おにび"や"でんじは"、"ちょうはつ"など補助技が非常に充実しているのでゲンガーにはない強さが発揮されます。

ちなみ努力値振りに用いた指標はこちらです。
① 素早さに関して最速102族=ガブリアス抜き
② 無補正252振りガブリアスの逆鱗を最高乱数をひかない限り耐える。
③ ただし、②において、できるだけHPに努力値をふれるようにする。
※これによって、ガブリアスの逆鱗を93.7%で耐える。

また、この調整により以下のような特殊面での指標を得られます。
① いのちのたま持ち無補正252振りラティオスの流星群を中乱数で耐える程度のD
② こだわりメガネ持ち無補正252振りラティアスの流星群を2割程度の確率で耐える程度のD

これらの調整により不一致サブウエポン(特に格闘ポケモンのストーンエッジ)を余裕で耐えるような耐久力を得られることができます。補正ありA252ローブシンのストーンエッジを被弾した際3-4割程度のHPを残します。

主な立ち回りは、身代わりを張った状態から"いたみわけ"や"のろい"を使って相手のパーティをかき回していく立ち回りです。のろいやみがわりで消費したHPは痛み分けで回収することができ、なおかつのろいで流して、交代際にいたみわけをぶち込むなど、相手のパーティのHPを削って終盤に備える場作りを行うことができます。相手を引っかきまわすことができるのが何よりの強みです。

また、前回紹介したキリキザンとも相性的には良好です。ムウマージの弱点であるあくタイプとゴーストタイプはキリキザンで受けきれ、キリキザンの弱点であるじめんタイプとかくとうタイプを封殺することができます。ほのおタイプは他で何とかしてください。また、こだわりハチマキを巻いたキリキザンは終盤での抜き性能が優秀でこの点でも相性が良好です。

とある生主は、このムウマージにかき回された後「このムウマージは役割遂行型」と言っていましたが、立ち回りにおいてのろいで自主退場する場面がかなり見られるため、「役割放棄型」ではないかと考えています。

そんなムウマージの紹介でした。そして、育ててみて分かったんですが結構かわいいww
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wearecousin.blog.fc2.com/tb.php/9-b3fff815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR