イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |カバドリ偽装受け回しパーティ

Entries

カバドリ偽装受け回しパーティ

 送別会大会、キツネの社オフで使用したパーティです。パクり構築なので掲載するかどうか悩みましたが、本家のロジユニさんの了承のもと掲載することにしました。ありがとうございます!

【PT構成】
つきのものフシギバナ
カバルドンドリュウズ
245.png091.png


【個別解説】

ラッキー
ロジラッキ

性格:ずぶとい
努力値:0-xx-252-xx-252-4
実数値:325-xx-62-xx-157-71
技構成:カウンター/うたう/どくどく/たまごうみ
持ち物:しんかのきせき

 今回はフシギバナがいるためブルンゲルを意識せずに済むのでBDに振ったデブ(DB)ラッキーです。ブス(BS)ラッキーはお留守番。

 歌うを使った瞬間、「うwwwたwwwうwwwかwwwよwww」という驚きの声を浴びますが命中率は55%。催眠術の命中が60%を考えると試行回数の意味でキュウコンよりも使いやすいのではないでしょうか。

 カウンター採用によりみがわりで詰んでしまうので、キツネの社mfでは地球投げを採用しました。また、眠らせた後の立ち回りのコツがつかめなかったため、個体をつもりなおし、ドクロッグ入り受けループと同じ技構成にしていたのは内緒です。

技構成:地球投げ/毒毒/ステルスロック/たまごうみ


フシギバナ

ロジギバナ

性格:ずぶとい
努力値:252-xx-220-0-0-30
実数値:187-xx-131-120-121-104
技構成:ギガドレイン/めざめるパワー炎/ねむりごな/ほえる
持ち物:黒いヘドロ

 本家はHDぶっぱなのですが、格闘に対して少しでも役割をもてればとおもい、相互リンク勢のドナドナさんのフシギバナを採用しました。キツネの社mfでは、それすらもあきらめHSに近い個体を使用していましたが、それは前の記事で書いたので割愛。


カバルドン
カバルドン

性格:わんぱく
努力値:252-0-236-xx-0-20
実数値:215-132-184-xx-92-70
技構成:じしん/ステルスロック/なまける/ほえる
持ち物:ゴツゴツメット

 今回は物理に特化し指数で物理汎用を受けるという目的での採用です。これだけの耐久があるため、3割程度削れた状態でバシャーモの珠飛び膝蹴りを耐えてくれたりするほどの鬼耐久です。キツネの社mfでは技構成を以下のように変更し臨みました。

技構成:じしん/じわれ/なまける/ほえる

 反省点として、地割れを撃つ機会があまりなかったため、ハッサムに打点の入る炎の牙で良かったかなぁと思いました。


ドリュウズ
ドリュウズ

性格:いじっぱり
努力値:0-252-0-xx-4-252
実数値:185-205-80-xx-86-140
技構成:じしん/いわなだれ/つばめがえし/つるぎのまい
持ち物:きあいのたすき

 今回はカバルドンで起点を作ることができないため襷でパーティに組み込むことになりました。苦手なキノガッサにワンチャンが持てるようにするためにツバメ返しを採用しました。カバドリの立ち回りを煮詰め切れず、ドリュウズは単体で選出することが多かったです。ドリュウズを選出したのは数十戦回して3回くらいだけど。


スイクン(スイートポテト)

245.png

性格:のんき
努力値:252-xx-252-0-4-0
実数値:207-xx-183-110-136-94
技構成:なみのり/ぜったいれいど/ほえる/まもる
持ち物:たべのこし

 最近はSに振られることが多いスイクンですがHBぶっぱにするとこれだけの耐久指数を得ることができます。役割範囲はバシャーモと受けループなどの耐久ミラー。その指数ゆえ、選出回数は割と多かったです。絶対零度が当たれば強いと思います。当たりませんщ(`ω´щ)


パルシェン

091.png

性格:ようき
努力値:0-252-0-xx-4-252
実数値:125-147-200-xx-66-134
技構成:つららばり/ロックブラスト/シェルブレード/どくどく
持ち物:こだわりスカーフ

 いつものスカーフパルシェンなのですが、このパーティだと選出回数は控えめでした。カバドリュの呼ぶ相手にパルシェンが刺さっていると感じた場面が少なかったためだと思います。ただし、パルシェンの存在によりブルンゲル・スイクン・ロトム水などの相手を呼ぶことができました。そのため、フシギバナが動かしやすいという効果もあったかと思われます。

 


 やはり、本家をリスペクトするのは良いものの非常に癖のあるパーティで使用者のスキルがないと扱いこなせないパーティだと思いました。

 カバルドン+ラッキーの受け回しは、通常の受けループでは苦手になりがちな岩技の一貫性を打ち消すことができテラキオンやバンギラスに対して強気に立ち回ることができます。しかし、グライオンとの同居が難しくキノガッサやあくびによる起点パなどの処理が非常に面倒となってしまい構築の難易度が非常に高いともいえます。

 カバルドンの指数は非常に魅力的なので上記の留意事項を念頭に置いてよりよいパーティを構築していくことが本家に対する罪滅ぼしになるような気がします(;^ω^`)

 本当にありがとうございました。そして、ご卒業おめでとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wearecousin.blog.fc2.com/tb.php/78-33758f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR