イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |拘りスカーフボーマンダ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wearecousin.blog.fc2.com/tb.php/6-2988358f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

拘りスカーフボーマンダ

さて、今回はボーマンダのお話。マンダと言えば、特殊・物理・ニ刀と様々な型が存在し、そのため初見では非常に読まれにくく、相手にすると非常に厄介なポケモンです。さらにどの型も強力な崩し速度を持ち、型を把握した頃にはパーティが半壊状態だった、なんてこともよくあります。少なくとも、第四世代では「マンダを安全に受け切れるポケモンは存在しない」と言われたほどです。

しかしながら、第五世代に移行してから、明らかにマンダの数は減少しました。考えられる原因としては、「マンダより高火力かつ広範囲な技をうてるサザンドラの登場」「マンダより高火力な竜舞逆鱗をうてるオノノクスの登場」「竜とのタイマンに強いマルチスケイルカイリューの解禁」「マンダの流星群等を軽々と受け切れる輝石ポリ2、ブルンゲルの登場」等が挙げられます。


以上を考慮し、今までにない逆風が吹く現環境においても十分活躍が見込める(であろう)役割重視スカーフマンダを考察していきたいと思います。




  構成
特性 威嚇

性格 臆病

技  流星群 大文字 目覚めるパワー(飛行) 毒毒or寝言 @拘りスカーフ

努力値 H4 B100 C156 S248

・H252ズルズキンに対してめざ飛で確2

・無振りビリジオンに対してめざ飛で高乱数1

・全ての耐久のキノガッサに対してめざ飛で確1

・H252D196振りメタグロスを大文字で確2(火炎放射だと低乱数2)

・A252ガブリアスの逆鱗を威嚇込みで高乱数耐え

※なお、めざ飛70の理想個体である31-31-31-30-30-30を前提とする。



威嚇込みでガブリアスの逆鱗を高乱数で耐える調整をすることで、最近増えたスカーフガブリアスとのタイマンに強くなります(流石に後出しはできませんが)。一見、第四世代に流行った「桂馬ンダ」に似ていると思われそうですが、Sに大振りすることにより、スカーフサザンドラにも勝てるようにすることで個性を出したつもりです。さらに、流星群では眠るで誤魔化されてしまうビルドレ型ズルズキンにも強い構成になっています(残念ながらHD特化ズルズキンに対してはめざ飛が確3になってしまいますが)。


また、毒毒と寝言は、自分のパーティとの相談や仮想敵に合わせて自由に選択してもらって構いません。具体的に、寝言はキノガッサ、毒毒は誘いやすい輝石ポリ2やブルンゲルを想定しています。


実はこの第五世代仕様ボーマンダもまだ机上論の段階であって育成はしていません。幸いにも前回紹介した帯グロスととても相性が良好なので、この2匹を基調としたスタンパを作ろうかと考えています。もしパーティ構築が完成したら6匹の構成も紹介しようかと思います。



ではでは。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wearecousin.blog.fc2.com/tb.php/6-2988358f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。