イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |受けループ@2012Feb (第20回シングル厨オフ使用)

Entries

受けループ@2012Feb (第20回シングル厨オフ使用)

トルンさん主宰の第20回シングル厨のつどいに参加してきました。初めてのオフということもあり、緊張もしましたし、にわかということもあり結果を残せるかどうか不安でしたが、なんと予選を突破しベスト16に残れたという結果を残せたのでパーティさらしをしていきたいと思います。


113.gif 472.gif
080.gif485.gif
454.gif091.gif


 はい、コテコテの受けループです。僕の中では"ラキグライドランドランち○こま○こ"と呼んでます。
→下ネタ乙

 この形に至るまで構築の初めの段階から残ったポケモンはラッキーとパルシェンだけとなっています。
 ドクロッグ入り受けループですとどらねこさんのパーティが有名かと思いますが(事実5体被ってますし)、彼の受けループの存在は調整を確定させてから知ったので、構築配分はかなり異なってると思いますし、向こうではゴミと認定された技構成が平気で入ってたりもするので、このあたりの違い、着眼点の同一点などを見ていただけるとありがたいです。

 対戦相手に「受けループにドクロッグ面白いね」といった声をたくさんいただけたのは嬉しかったですね。


【個別解説】

ラッキー

113.gif

性格:ずぶとい
特性:しぜんかいふく
持ち物:しんかのきせき
技構成:ちきゅうなげ/どくどく/ステルスロック/たまごうみ
努力値:0-xx-252-xx-4-252
実数値:325-xx-62-xx-126-102

 パーティの軸。特殊なら何でも止めます。ラス1でこのポケモンで圧倒できるような立ち回りをしていくのが理想であり、このパーティのコンセプト。ただし、ファミ通の記事でも書いたように受けループ対策のポケモンが多くそれらの処理を慎重に行う必要があります。


グライオン
472.gif

性格:ようき
特性:ポイズンヒール
持ち物:どくどくだま
技構成:ほのおのキバ/ハサミギロチン/まもる/みがわり
努力値:212-0-84-xx-0-212
実数値:177-115-156-xx-95-156

 素早さを非砂最速ドリュウズ抜き抜きに。準速ガブあたりまで抜きます。基本的に毒が入った自分より遅いポケモンをまもみがで削ることを意識します。ギロチンの試行回数確保も意識。地面技は迷った末切りました。ハッサムが何よりきつかったことと、地面技を切って影響が出そうなバンギラスは毒を入れる立ち回りでまもみがで処理できると判断した事とヒードランはこのパーティに出てきづらいと判断したためです。ドリュウズに対しては若干厳しくなりました。


ヤドラン

080.gif

性格:ずぶとい
特性:さいせいりょく
持ち物:リンドのみ
技構成:サイコキネシス/かえんほうしゃ/でんじは/なまける
努力値:244-xx-252-4-4-4
実数値:201-xx-178-121-101-51

リンドの実を持たせた理由は一つ。舞ったパルシェンを許さないこと。破ったパルシェンのめざめるパワー草をジュエル込みで耐えることができるようになりました。このパーティは積みポケモンを呼ぶのでこの選択をしました。ローブシンやバシャーモに対しても後出しをしていくのでゴツゴツメットとは直前まで迷いました。環境読みでのリンドの実の選択でした。エキシビジョンで1回刺さったのみだけど。逆にゴツゴツメットなら勝てたかもしれない試合が2回ありこれは何とも言えないところです。オボンを持たせれば、鉢巻ガブの逆鱗を2耐えしますが、今回は見ていません。火炎放射は撃つ機会がありませんでした。要考察。


ヒードラン

485.gif

性格:おくびょう
特性:もらいび
持ち物:たべのこし
技構成:かえんほうしゃ/どくどく/ステルスロック/まもる
努力値:216-xx-4-0-44-244
実数値:193-xx-127-150-132-140

 今回ヒードランは見せポケとしての役割が強かったです。ウルガモス、地震のないカイリューを牽制していきます。これもまた考察の余地が残されていると思います。


ドクロッグ

454.gif

性格:いじっぱり
特性:かんそうはだ
持ち物:あくのジュエル
技構成:ドレインパンチ/ふいうち/みがわり/つるぎのまい
努力値:4-252-0-xx-0-252
実数値:159-173-85-xx-85-137

 今回の地雷枠。ガチ環境において、どれだけ地雷を汎用性のある形で仕込めるかというのは勝つために必要だと考えたので採用。瞑想ノイクンが辛かったので完封できるポケモンとして採用しました。副次的にラッキー+ドクロッグで雨に対して制圧できることと、バンギラスにドレインパンチが強く一貫するメリットが生まれました。間違いなく今回のMVP。

 ふいうちは警戒されていますがジュエルを持たせることでラティオスが確定1発になります。耐久は耐久に振ったハッサムのバレパンがギリギリ2発耐えられる程度のものです。ドレパンでリカバリーできるものの立ち回りは慎重に、慎重に。


パルシェン

091.gif

性格:ようき
特性:スキルリンク
持ち物:こだわりスカーフ
技構成:つららばり/ロックブラスト/どくどく/どくびし
努力値:0-252-0-xx-4-252
実数値:125-147-200-xx-66-134

地雷枠その2。こいつの存在によりハッサムやロトム、耐久水の選出を余儀なくさせられます。こいつの攻撃技は氷柱とロックブラストで十分ですので、毒を2つ仕込みます。即効性重視なら毒毒、後ろのブルンゲルなどを意識するなら毒びしと使い分けます。グライオンとはタイプ相性、シナジーともに良好で、相手をはめ殺すギミックも仕込んであります。また、パルシェンのスカーフは警戒されないようで何匹ものラティオスとボルトロスを葬る事が出来たのも大きかったです。


【総括】

 このように、実はラキグライ軸でありながらも選出を縛り、読んだ選出を刈ることのできるポケモンを補完に入れることができました。スカーフパルシェンは諸刃の剣で死に出しからバシャーモやパルシェンが起点にしようとすることもあるので、後出しから確実に受けられるヤドランとの組み合わせは重宝しました。もちろん、ラッキーで止まると判断した場合はラッキー入りを選出していきます。積み技を使うポケモンがいない場合、交換合戦と毒で相手のHPを搾り取るのが理想です。

① ラキグライで呼びそうなポケモンにスカーフパルシェンが刺さる
② スカーフパルシェンで技を固定された後に出てくる積み系統のポケモンを確実に抑える

 これが、このパーティのキモです。ラキグライヤドランの圧力により、相手の選出は縛られまくりでした。

とはいえ、やはり構築でもっと詰めたいところは多々。頑張ってよりよい完成形に近づけたらと思います。

 対戦ログは後ほどまとめようと思います。みんな巧かった><

 では。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C7] No title

予選突破おめでとうございます!
ラキグライ入りのセミ受けループはガッサ対策をグライに一任してるような構築ばかり見るのですが、このPTは全体的にガッサに厚めなのが素晴らしいですね。
それと、ここまで毒々しいパルシェンはじめて見ましたw
  • 2012-02-06 21:54
  • ドナドナ
  • URL
  • 編集

[C9] No title

コメントありがとうございます。

グライオンはまもみがによる圧力というのが大きな仕事ですが、ドナドナさんがブログであおる通り、相手に固定ダメージソースがない状態での無限戦術はなるべく避けたいというのが立ち回りの意図です。

そのため、グライオンを選出したい場面が
①毒を撒いてはめられそうな場合
②カバドリ

に限られることが多く、キノガッサ入りに対して必ずしも選出できないことから、ドクロッグもHDではなくASを採用にしました。偶発対面に限りますがで身代わりでアドを取れるのは立派です。

パルシェンの毒二刀はこういったグライオンとのシナジーをなにより考えています。

[C20] No title

予選突破おめでとうございます。
僕も受けループは長く使っているのですがいくつか気になったので教えて貰えると助かります
①ドクロが実際に悪ジュエルふいうちでラティを落としたという場面はあったのか。
②ドクロを対スイクン以外で使用したことがあったのか。あったのならこのような場面で有用だったというのを教えてもらえたら助かります。
③破りパ、バシャーモ、ボルトロスへの対策(選出)
  • 2012-02-17 03:27
  • みちる
  • URL
  • 編集

[C22] No title

コメントありがとうございます。個別に回答していきます。

①ドクロが実際に悪ジュエルふいうちでラティを落としたという場面はあったのか。

 シングル厨以前のランダムレートではかなりありました()
 しかし、最近はトリックされる場面が多いです。基本的にヒードランで「まもる」を選択し、波乗りが来た場合にドクロッグを降臨するとうまい具合に起点にできます。

②ドクロを対スイクン以外で使用したことがあったのか。あったのならこのような場面で有用だったというのを教えてもらえたら助かります。

 ドクロッグを選出する相手は主に雨パとスイクン入りということになります。たとえば、対戦ログを見ていただけると分かると思うように、スイクン入りに出して言った場合も実際にスイクンが出てこないという場合がでてくるとおもいます。そのような試合のBVがあるので参照ください。(94 17639 90493)

また、バンギラスに打点が持てることから、バンギ入りスタンに対して選出する場面もあります。


③破りパ、バシャーモ、ボルトロスへの対策(選出)

 確かに積みポケモンの対策は難しいですよね。

 基本的に僕の場合パルシェン・バシャーモはヤドランに一任です。ヤドランはHBぶっぱなのでバシャーモの珠シャドクローを2発耐えます。あとは、電磁波にするかサイコキネシスを素直に打つか状況で判断します。また、ヒードランのまもるによってバシャーモが半分削れるというのも判断材料の一つです。
 アバゴ―ラは机上論上ドクロッグで見ることができます。実際に当たったことはありませんが。
 対ボルトロスはラッキーパルシェンで見ます。パルシェンはボルトロスを見ることが多いので電磁波もらっても構わないと判断する場面もあります。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wearecousin.blog.fc2.com/tb.php/47-422f1da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR