イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |ボルトロス!マンムー!ゴチルゼル!@第二回k-off使用構築

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wearecousin.blog.fc2.com/tb.php/341-ec3b0580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボルトロス!マンムー!ゴチルゼル!@第二回k-off使用構築

 皆さんこんにちは。久しぶりにオフ会に誘われ、クマさん主催のチーム戦に参加してきました。当初は6世代で出る予定でしたが、諸事情でホームグラウンドのポケモンBW2で参加することになりました。

 チーム成績4-4、個人成績5-3。選出ミスはあったかもしれないが、読みを排除した所謂「プレイングミス」は一つもなかったはずなので、ブランクを感じさせないあたりはさすが老害といったところ(高速バスでほとんど寝れず体力的にしんどかったのもさすが老害といったところ)。

 自分がどこか1つで勝利を拾っていれば予選を抜けられたというのは現役時代とあまり変わらない感じで、それも懐かしかったです。チームの雰囲気が良かったのでまたこのメンバーで参加したいです。(できればオール5世代で)

ゴチルゼルローブシンポリゴン2
245.pngi_borutorosu.gifオマンムー



ポケモン持ち物技1技2技3技4備考
ゴチルゼルカゴのみサイコショックかげぶんしんめいそうねむるかげふみ
ローブシンくろおびきあいパンチドレインパンチしっぺがえしみがわりてつのこぶし
ポリゴン2こだわりスカーフサイコキネシスれいとうビームでんじはトリックダウンロード
スイクンみずのジュエルハイドロポンプれいとうビームこごえるかぜほえるプレッシャー
ボルトロスいのちのたま10まんボルトめざめるパワー氷ばかぢからうちおとすいたずらごころ
マンムーきあいのタスキじしんつららばりこおりのつぶてねごとあついしぼう



【構築の経緯】
 五世代ということでゴチルゼルが使いたいので、ゴチルゼル入りで持っていた構築で一番強いと思ったこの構築を使用しました。変更点をベースに簡単に解説しているので興味のある方は続きをご覧下さい。



【個別解説】

変更のあったポケモンのみ記載しております。構築の意図については、原記事を参照ください。

■ローブシン
ローブシン

ローブシン
きあいパンチしっぺがえしマッハパンチみがわり
くろおびてつのこぶし
いじっぱり191-209-129-xx-86-75
84-236-108-xx-4-76


 格闘技3枚採用することにより、ボルトロス+シャンデラの並びを崩すのが基本選出で厳しくなることを想定し、ドレインパンチを切りしっぺがえしを採用しましたが、これは失敗。具体的にはハッサムに対して対面で打つ技がなく、ステルスロック要員+ハッサム+カイリュー選出が想定されるパーティーへの選出経路を狭めてしまうことになりました。


■ポリゴン2
ポリゴン2
ポリゴン2
サイコキネシスれいとうビームでんじはトリック
こだわりスカーフダウンロード
おくびょう161-xx-110-157-115-123
4-xx-0-252-0-252


 前回に比べて基本選出のポリゴン2+ゴチルゼル+ローブシン以外の選出経路が増えることを想定し、ゴチルゼル選出時以外の対ローブシン、キノガッサ打点を考慮してサイコキネシスの採用。前回は10まんボルトを採用しましたが、ギャラドスを切ることで対応範囲が広がると考えたため変更しました(なお、今回はギャラドスに遭遇している)。パルシェンへの打点まで考慮するとダウンロードをやむなく採用。ここをトレースにすることでボルトロス入りの構築に初手で出しやすくなったり、ステロを撒かせない状態でのカイリューに対してのストッパーとしても使えることも考えると、トレースでもいいかと思います。


■ボルトロス
i_borutorosu.gif
ボルトロス
10まんボルトめざめるパワー氷ばかぢからうちおとす
いのちのたまいたずらごころ
むじゃき155-148-90-164-90-179
4-104-0-152-0-252


 所謂ウチオトロス。5世代やりこんだにもかかわらず、一度も遭遇したことがない逸材。Bに厚く、馬鹿力を採用したボルトロスに対しても強引にステロを撒けるバンギラス入りのバンギドリュウズ構築が評判だったこともあり、Aに振ったボルトロスが強いと思ったので採用しました。この並びに対してウルガモスを採用したパーティーを採用する側としては、必ず初手にウルガモスを出したいので(積みサイクル使用時に厳しめなマンムーに対して大きく有利を取られない希少な駒であるから)、それを初手で自由にさせないのはこの構築では重要な要素。前回はいわなだれマンムーがその枠でしたが、結局襷をつぶされてしまうことや、対カバルドンドリュウズ構築の処理ルートをマンムーに持たせたかったことからやむなく電磁波を解雇。ウルガモスには1度も遭遇しませんでしたが、バンギドリュウズ構築に対して強気に動けた点は○。


■マンムー
オマンムー
マンムー
じしんつららばりこおりのつぶてねごと
きあいのタスキあついしぼう
いじっぱり185-200-101-xx-80-132
0-252-4-xx-0-252


 先述のボルトロスの構成によって、マンムーのいわなだれ枠が空いたので、寝言の採用。ステルスロックを採用したところでポリゴン2以外とは親和性が薄いように感じたうえ、寝言を採用することで、カバドリラティ@3構築に思考停止で初手で投げられるメリット、悪だくみを採用したレパルダスド―ブルメタモンの表選出への駒にできることで勝ちの目を拾える(当初はそのような構築が存在せず、対策の必要が薄かった)メリットの方が大きいのでこの変更は正解でした。



 変更点は以上です。自分の想定していた以上にブログを読んでいただけているようで非常にやりづらかったです。ポリゴン2の型割れはわかったうえで臨んでいましたが、正直スイクンの型割れが非常につらかったです。眠るを採用したスイクンを扱える気がしないので、この構築をオフで再び使う可能性は、5世代のチームオフが開催される可能性と同じくらい低いでしょう。

 オフ当日は、真面目で、ネタを振っても全部無視して全然面白くなかった主催のクマさん(本当はそんな人じゃないよ)、老害をオフの場に再び引きずり出してくれた、トゥりりり、シソーという素晴らしいチームメイト、前日構築相談(構築の内容というより何の構築を使うか相談した)してくださった方々、当日対戦していただいた方々、飲み会に参加した方々、大変ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。また5世代で会いましょう。対戦ログは需要があり、かつ体力と時間に余裕があったら更新します。



■show down用フォーマット(※竹箆は弱すぎるのでドレインパンチに修正してあります)

Thundurus @ Life Orb
Ability: Prankster
Level: 50
EVs: 100 Atk / 156 SpA / 252 Spe
Naive Nature
IVs: 30 HP / 30 Def
- Thunderbolt
- Hidden Power [Ice]
- Superpower
- Smack Down

Conkeldurr @ Black Belt
Ability: Iron Fist
Level: 50
EVs: 84 HP / 236 Atk / 108 Def / 4 SpD / 76 Spe
Adamant Nature
- Focus Punch
- Drain Punch
- Mach Punch
- Substitute

Gothitelle @ Chesto Berry
Ability: Shadow Tag
Level: 50
EVs: 252 HP / 252 Def / 4 SpD
Bold Nature
- Psyshock
- Calm Mind
- Double Team
- Rest

Mamoswine @ Focus Sash
Ability: Thick Fat
Level: 50
EVs: 252 Atk / 4 Def / 252 Spe
Adamant Nature
- Icicle Spear
- Ice Shard
- Earthquake
- Sleep Talk

Porygon2 @ Choice Scarf
Ability: Trace
Level: 50
EVs: 8 HP / 252 SpA / 248 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Psychic
- Ice Beam
- Thunder Wave
- Trick

零度なし (Suicune) @ Water Gem
Ability: Pressure
Level: 71
EVs: 20 HP / 4 Def / 220 SpA / 12 SpD / 252 Spe
Timid Nature
- Hydro Pump
- Ice Beam
- Icy Wind
- Roar

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wearecousin.blog.fc2.com/tb.php/341-ec3b0580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。