イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |ファミ通杯まとめ KPと環境

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wearecousin.blog.fc2.com/tb.php/27-8400c097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ファミ通杯まとめ KPと環境

 では第一回目はKPの集計と環境の考察です。


【KPとは?】
 
 KPとは「被りポイント」の略です。集めたパーティのなかでどのポケモンがどのくらい使われているかを知ることができます。



ファミ通杯の環境について】

 ファミ通杯の環境は普段レートに潜っている人と普段フリーに潜っている人が混在したカオスな環境でした。
 根拠として、これからランダムレートは使用されるポケモンの種類がファミ通に比べて少なかったこと、上位10匹のポケモンの登場比率が明らかにランダムレートで高かったことがあげられます。(ランダムレートにおけるガブリアスの使用率は驚愕の28%でした。)

 そして、この二匹の割合がランダムレートに比べて非常に高い。

 i_shandera.gifi_rankurusu.gif
デランクルス
※フリーのデータ、ランダムレートのデータはそれぞれ11月24日から12月4日のデータでそれぞれ400戦程度。

  
 続いて、フリーのトップ10には入っているにもかかわらず、レートではなかなかお目にかかることのないイッシュのドラゴンたち。
 612.gif 635.gif
オノノサザン


 確かに、シャンデラ・オノノクスの激増はフリー勢の流入を示唆しているのですが、ランクルスの激増に関してはそれがありません。ランクルスが増えたの要因は標本の絶対数が少ないため起こったのか、ランクルスが何らかのメタとして増えたのかを考察する必要があります。
 サザンドラはファミ通でもほとんど増えなかったので敢えて考察の対象としない。サザンオワタww



ランクルス

種族値:110-65-75-125-85-30

ここで、集計したデータの中からパーティのなかでランクルスがどのように使われたかを推察する作業に入ります。ファミ通杯で使用されたランクルス入りのうちレート1550以上でランクルス入りのパーティを一括掲載します。クリックして画像をご覧ください。

ランクルス要り

 こうしてみると、ランクルスを採用しているパーティはローブシンやバシャーモが重い場合が多いように思えます。こうしたポケモンに対する対策として採用しているのではないかという感じがします。天候ダメージもないので砂パにも採用しやすいですね。

 また火炎玉を持たせることで、ガッサやカバ、フシギバナなどの状態異常を生かしたポケモンに強いことは優れていると思います。

 しかし、上にあげたバシャーモのフレアドライブを2発耐えない点でバシャーモに対して安定してるとは言い難い側面があります。こうしてみると耐久面では数値上ヤドランに劣化してると言わざるを得ず、ピンポイントでの採用はあり得ても、環境を揺り動かすほどのポケモンではないとも考えられます。
 
 仮にランクルスがガチ環境で特定のポケモンに対するメタとして認知され、流行するのであれば、ファミ通杯以後のランダムレートにおいてランクルスが激増するに違いありません。この結果は今後のランダムレートにおいてランクルスの数がどのように推移するのかを注意して見てみることにします。

 僕もランクルスの可能性ということで実際に考察して使用するモチベーションができました。ファミ通杯のまとめに関する記事と並行して、ランクルス入りの構築が実用性があるのかを検討するために実際に使ってみようと思います。
 

ファミ通杯のKPランキングトップ50】
Kp50.png
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wearecousin.blog.fc2.com/tb.php/27-8400c097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。