イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |カバドリたかし@第9回キツネの社mf使用

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wearecousin.blog.fc2.com/tb.php/258-87615f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カバドリたかし@第9回キツネの社mf使用

脚注:たかし=クマのバシャーモのNN
なお、たかしを貸してくれたクマさんは社mf予選25位(予選通過は24名)でした。

 皆さんこんにちは。今回もキツネの社mfに参加してまいりました。結果は4-4。ふがいない成績ですが、何とか2013年に入ってから負け越しは回避することができました。


カバルドンドリュウズ
ラティオスハッサムをパンにハッサム
バシャーモ245.png

ポケモン持ち物技1技2技3技4備考
カバルドンオボンのみじしんあくびほえるステルスロックすなおこし
ドリュウズヨプのみじしんアイアンヘッドいわなだれつるぎのまいすなかき
ラティオスこだわりメガネりゅうせいぐんりゅうのはどうくさむすびトリックふゆう
ハッサムはがねのジュエルむしくいバレットパンチダブルアタックつるぎのまいテクニシャン
バシャーモかくとうジュエルとびひざげりストーンエッジビルドアップまもるかそく
スイクンカゴのみハイドロポンプれいとうビームめいそうねむるプレッシャー


【構築の経緯】

 前回のノオーバシャを構築した際に、バシャーモ自体がラティオスのトリックとの相性が良いのではないかという考えに至りました。そのため、バシャーモ+ラティオスから構築をスタートさせました。

 眼鏡ラティオスの性能を活かしきることができる並びがカバドリだと考えたので、カバドリを採用。また、ラティオスのトリックを最大限活かすことのできる積み系統のポケモンを2匹採用し並びは【ヒエラルキーカバドリ】となりました。

【個別解説】

■カバルドン
カバルドン
カバルドン
じしんステルスロックほえるあくび
オボンのみすなおこし
しんちょう209-133-138-xx-136-74
204-0-0-xx-252-52


 ごく一般的なカバルドン。配分はぷりずむさんのものを拝借しました。特殊耐久は十分なものでしたが、やはりマンムーなどに対して動きづらい部分があったことや、慎重カバルドンが認知されたことで眼鏡ヒードランが初手で来るケースが減ってしまったように思えたため、【215-133-157-xx-113-74】のような腕白の配分も検討してみたいと考えました。


■ドリュウズ
ドリュウズ
ドリュウズ
じしんアイアンヘッドいわなだれつるぎのまい
ヨプのみすなかき
ようき185-187-81-xx-80-154
0-252-4-xx-0-252


 こちらも一般的なドリュウズです。ミラーに厚くするために、ふうせんを持たせていたが、「カバドリラティ」という選出に汎用性を持たせたかったためヨプのみに変更しました。きあいのタスキはドリュウズを出す前にステルスロックを撒かれることが多かったので採用を見送りました。不意に来られると厄介なボルトロス・ハッサムの格闘技に耐性がついたり、ローブシンやキノガッサのマッハパンチを耐えることができるので正解でした。


■ラティオス
ラティオス

ラティオス
りゅうせいぐんりゅうのはどうくさむすびトリック
こだわりメガネふゆう
おくびょう156-xx-100-182-130-178
4-xx-0-252-0-252


 カバドリラティのラティオスはキノガッサ耐性をつけるために、みがわりやねごとが入っているケースが多いと聞きましたが、構築の始まりがラティオス+バシャーモだったためこだわりメガネが確定しました。草結びの採用はバンギラス+スイクンの迅速な処理のため。カバドリラティ選出をしない場合相手のボルトロスが重くなりがちなのでめざ氷2耐えを施すのも選択肢だと思います。


■ハッサム
ハッサムをパンにハッサム
ハッサム
むしくいバレットパンチダブルアタックつるぎのまい
はがねのジュエルテクニシャン
いじっぱり165-199-121-xx-101-98
156-252-4-xx-4-100


 受けループ対策。受けループ使いのエアームドに対する信頼度の低下から一般的な受けループ側の選出を【バンギラス(ラッキー)・グライオン・ヤドラン】と予想。その並びを崩すことが可能なダブルアタックハッサムを選択しましたがとんだ大戦犯。バンギグライのグライオンに対して過労死してしまいました。アタッカー系統のハッサムへのマークの厳しさを感じたことからこの枠は検討の余地を感じました。


■バシャーモ
バシャーモ
バシャーモ
とびひざげりストーンエッジビルドアップまもる
かくとうジュエルかそく
ようき161-162-101-xx-91-138
44-172-84-xx-4-204


 マンムートノグドラやノオーガブリアスへの選出を考えると陽気に変更。個体を別途レンタルしました。仮想敵に対しての火力不足が懸念されましたが、ローブシンからの被ダメージによって1積み2積みをシフトできるので不足した場面はありませんでした。確かに非常に強力な駒ですが、命中不安によって自ら負け筋を作っているのがこのポケモンの採用がためらわれる理由だと感じました。ビルドアップによる上半身強化に下半身がついて行っていないと思います。これからは下半身強化(含)を中心としたトレーニングメニューを検討します。


■スイクン
245.png
スイクン
ハイドロポンプれいとうビームめいそうねむる
カゴのみプレッシャー
おだやか207-xx-135-139-152-105
252-xx-0-228-28-0


 脱出雨のランドロス・ニョロトノ・キングドラの並びをラティオスと併せて崩すことのできる駒です。耐久の指標はC161のこだわりメガネ持ちのキングドラをめいそう連打で3耐え。つまり、瞑想2積みから眠ることで、キングドラとランドロスの並びをきれいに処理できます。C139だと殻を破ったパルシェンに対して【74.1%~87.7%】と有利な駒でなくなってしまう弊害が発生しますが、バシャーモの採用によってキノガッサ入りのカバドリよりも、パルシェンに隙を見せづらいと判断して、こちらを選びました。対面ならハイドロポンプで147-65パルシェンを97.7%で落とすことができます。(命中率未考慮)このポケモンもハイドロポンプの採用によって負け筋を作っているポケモンでしょう。


【総評】
 いわゆるテンプレートに近い形での構築に挑戦しました。カバドリラティの強さを実感する反面、普段から仲良くさせていただいているシソーさんが奇抜な型のポケモンを用いて、オフを準優勝する姿を見ると自分のスタイルとは異なるのかなと感じさせられました。だからといって、このようなテンプレートの並びを否定することなく立ち回りをさらに煮詰め、さらに勝てるカバドリの構築や別の構築の作成の際のメタの開発をしていきたいと思いました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wearecousin.blog.fc2.com/tb.php/258-87615f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。