イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |2013年07月

Entries

机上論スイクン

■スイクン

245_20130720190518.png

 今回は珍しくスイクンの考察。以前はスイクンというポケモンを信頼しておらず、ほとんど構築に入ってきませんでしたが、最近は使用頻度が増えているポケモンです。やはり種族値は正義ですね。


【考察にあたって】

 所謂ドロポンスイクンは、控えめHCが一般的です。しかし、以前レンツカ♥さんと東京で話した際、こうした配分が最善であるのかという議論を行い、その結果、レンツカ♥さんが素晴らしい配分のスイクンを開発されました。

 今回はこの記事を踏まえた上で、レンツカさんの記事を補完する超スイクンの紹介です。そのため、基本的に配分の意図はこの記事がすべて説明しておりますので、この記事の内容を理解している前提で考察を進めさせていただきます。


【配分】
スイクン
ハイドロポンプれいとうビームめいそうねむる
カゴのみプレッシャー
ノンケ(*1)(のんき)207-xx-155-135-137-94
252-xx-44-200-12-0

 ご覧になってわかるのは、プレシャススイクンの個体を使用していることです。

 その理由は主に二つあります。ひとつは相手側の想定に【絶対零度・神速】を加えなければならないことです。絶対零度の存在により技構成が割れるまで相手に安定した後出しを躊躇させる傾向があります。

 そして、もう一つの理由は【瞑想・眠る】のどちらも持っている可能性が極めて低い(*2)ことです。そのため、プレシャススイクンを●●の▲▲+■■の××で処理をしてこようとするケースが増え、突然のねむるにより積みの可能性が高まります。

 また、こまきさんが個体値を下げることによりパルシェンに上から破らせるという立ち回りを考察しており(*3)、Sの実数値が10下がってしまうことはデメリットばかりではないよということです。S98当たりの可能性がある、準速ローブシン、ハッサムニョロトノなどを仮想敵に加えたい場合はBCDを乱数で妥協してS実数値を99-100まで上げるのも手だとも思います。

 なお、タイトルを「机上論スイクン」としたのは、こんなプレシャススイクンは用意する気も起きないよって話です( ˘・з・) どなたでもいいので、プレシャススイクンを譲ってくれる方がいらっしゃいましたら回してみようと思います。提供してくださる方がいらっしゃいましたら、twitterアカウント(@hydechandayo)にご一報お願いします( ◠‿◠ )

 なお、補足説明に関しては畳みましたので興味のある方は続きをご覧ください。
 

続きを読む

スポンサーサイト

カンチガッサ

■キノガッサ
キノガッサ

 なんと今回はポイヒガッサの考察。ビルドアップを搭載したポイヒキノガッサを使っていると相手のゴーストに対してキノガッサを出すのをためらってしまったりしてしまいがちです。今回は主にカバドリに入れられそうかみなりパンチキノガッサの考察です。

 かみなりパンチである必要性が高いギャラドス・ブルンゲルを軸に調整し、その他のスイクン、シャンデラへのダメージ計算を掲載しています。興味のある方は、続きをご覧ください。なお、Aのラインはいわゆるテンプレにできる限り近づけました。格闘技へのダメージ計算は割愛させていただきます。

配分Ⅰ

キノガッサ
ローキックかみなりパンチみがわりキノコのほうし
どくどくだまポイズンヒール
いじっぱり155-167-101-xx-94-119
156-12-4-xx-108-228


配分Ⅱ
キノガッサ
きあいパンチかみなりパンチみがわりキノコのほうし
どくどくだまポイズンヒール
いじっぱり139-198-101-xx-82-119
28-236-4-xx-12-228


続きを読む

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR