イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |2012年03月

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カバドリ偽装受け回しパーティ

 送別会大会、キツネの社オフで使用したパーティです。パクり構築なので掲載するかどうか悩みましたが、本家のロジユニさんの了承のもと掲載することにしました。ありがとうございます!

【PT構成】
つきのものフシギバナ
カバルドンドリュウズ
245.png091.png


【個別解説】

ラッキー
ロジラッキ

性格:ずぶとい
努力値:0-xx-252-xx-252-4
実数値:325-xx-62-xx-157-71
技構成:カウンター/うたう/どくどく/たまごうみ
持ち物:しんかのきせき

 今回はフシギバナがいるためブルンゲルを意識せずに済むのでBDに振ったデブ(DB)ラッキーです。ブス(BS)ラッキーはお留守番。

 歌うを使った瞬間、「うwwwたwwwうwwwかwwwよwww」という驚きの声を浴びますが命中率は55%。催眠術の命中が60%を考えると試行回数の意味でキュウコンよりも使いやすいのではないでしょうか。

 カウンター採用によりみがわりで詰んでしまうので、キツネの社mfでは地球投げを採用しました。また、眠らせた後の立ち回りのコツがつかめなかったため、個体をつもりなおし、ドクロッグ入り受けループと同じ技構成にしていたのは内緒です。

技構成:地球投げ/毒毒/ステルスロック/たまごうみ


フシギバナ

ロジギバナ

性格:ずぶとい
努力値:252-xx-220-0-0-30
実数値:187-xx-131-120-121-104
技構成:ギガドレイン/めざめるパワー炎/ねむりごな/ほえる
持ち物:黒いヘドロ

 本家はHDぶっぱなのですが、格闘に対して少しでも役割をもてればとおもい、相互リンク勢のドナドナさんのフシギバナを採用しました。キツネの社mfでは、それすらもあきらめHSに近い個体を使用していましたが、それは前の記事で書いたので割愛。


カバルドン
カバルドン

性格:わんぱく
努力値:252-0-236-xx-0-20
実数値:215-132-184-xx-92-70
技構成:じしん/ステルスロック/なまける/ほえる
持ち物:ゴツゴツメット

 今回は物理に特化し指数で物理汎用を受けるという目的での採用です。これだけの耐久があるため、3割程度削れた状態でバシャーモの珠飛び膝蹴りを耐えてくれたりするほどの鬼耐久です。キツネの社mfでは技構成を以下のように変更し臨みました。

技構成:じしん/じわれ/なまける/ほえる

 反省点として、地割れを撃つ機会があまりなかったため、ハッサムに打点の入る炎の牙で良かったかなぁと思いました。


ドリュウズ
ドリュウズ

性格:いじっぱり
努力値:0-252-0-xx-4-252
実数値:185-205-80-xx-86-140
技構成:じしん/いわなだれ/つばめがえし/つるぎのまい
持ち物:きあいのたすき

 今回はカバルドンで起点を作ることができないため襷でパーティに組み込むことになりました。苦手なキノガッサにワンチャンが持てるようにするためにツバメ返しを採用しました。カバドリの立ち回りを煮詰め切れず、ドリュウズは単体で選出することが多かったです。ドリュウズを選出したのは数十戦回して3回くらいだけど。


スイクン(スイートポテト)

245.png

性格:のんき
努力値:252-xx-252-0-4-0
実数値:207-xx-183-110-136-94
技構成:なみのり/ぜったいれいど/ほえる/まもる
持ち物:たべのこし

 最近はSに振られることが多いスイクンですがHBぶっぱにするとこれだけの耐久指数を得ることができます。役割範囲はバシャーモと受けループなどの耐久ミラー。その指数ゆえ、選出回数は割と多かったです。絶対零度が当たれば強いと思います。当たりませんщ(`ω´щ)


パルシェン

091.png

性格:ようき
努力値:0-252-0-xx-4-252
実数値:125-147-200-xx-66-134
技構成:つららばり/ロックブラスト/シェルブレード/どくどく
持ち物:こだわりスカーフ

 いつものスカーフパルシェンなのですが、このパーティだと選出回数は控えめでした。カバドリュの呼ぶ相手にパルシェンが刺さっていると感じた場面が少なかったためだと思います。ただし、パルシェンの存在によりブルンゲル・スイクン・ロトム水などの相手を呼ぶことができました。そのため、フシギバナが動かしやすいという効果もあったかと思われます。

 


 やはり、本家をリスペクトするのは良いものの非常に癖のあるパーティで使用者のスキルがないと扱いこなせないパーティだと思いました。

 カバルドン+ラッキーの受け回しは、通常の受けループでは苦手になりがちな岩技の一貫性を打ち消すことができテラキオンやバンギラスに対して強気に立ち回ることができます。しかし、グライオンとの同居が難しくキノガッサやあくびによる起点パなどの処理が非常に面倒となってしまい構築の難易度が非常に高いともいえます。

 カバルドンの指数は非常に魅力的なので上記の留意事項を念頭に置いてよりよいパーティを構築していくことが本家に対する罪滅ぼしになるような気がします(;^ω^`)

 本当にありがとうございました。そして、ご卒業おめでとうございます。
スポンサーサイト

2分で読める対戦ログ@送別会大会&キツネの社mf

【送別会大会】 

 大学のポケモンサークルの卒業生を送りだす大会です。卒業生が愛用していたパーティを完コピして臨みました。

・使用PT
カバルドンドリュウズ245.png
091.pngフシギバナつきのもの

【対戦ログ】

一回戦:アヤネさん
 キリキザンのギロチンはずる
結果:勝ち

二回戦:ワトソンさん
 物理グドラはずる
結果:負け

三回戦:ハリちゃん
 ゴルーグのきあいパンチはずる
結果:勝ち

四回戦:アキミシアさん
 キノガッサはずる
結果:負け

五回戦:やすたんさん
 キノガッサは(ry
結果:負け


【キツネの社mf】

 このパーティで結果を残せなかったので、自分なりにどうしたらキノガッサを処理できるか考えて若干の改悪を施しました。また、カバルドンでステルスロックをまく機会がなかなかないのでラッキーにステルスロックを採用しました。最後に、カバルドンのステルスロックの枠に芋理論を採用し、地割れを投入しました。
→カバルドンはBランクだけどwww

【対戦ログ】

第一ラウンド:ムラサさん
 キュウコンのわるだくみはずる
結果:負け

第二ラウンド:はるやさん
 キノガッサはずる、でもS振りフシギバナはイケメン
結果:勝ち

第三ラウンド:shineさん
 HBぶっぱクレセリアはずる
結果:負け

第四ラウンド:ねんごさん
 スカーフユキノオー偽装で襷ノオーの立ち回りはずる
結果:勝ち

第五ラウンド:コンペイさん
 バシャーモのオバヒはずる
結果:負け

第六ラウンド:ストーンさん
 無名雑魚は一撃技を9度外す
結果:負け

第七ラウンド:クレセントちゃん
 エルフーンの後攻のしっぽトリックはずる
結果:負け

第八ラウンド:SUNさん
 キノガッサはずる、でもS振りフシギバナはイケメン
結果:勝ち


【総括】
 
 相手を卑怯者と罵るのでは上達することは絶対ありません。負け試合から相手の立ち回りや構築力に素直に敬意を表し今後の糧にできたらと思います。

ガーネットがキツネオフで最下位になりました

ざまあwwwwwww

カバドリ使って最下位とかなんなんですかwwww

にわかなんですかwwww


カバルドンドリュウズ381.png
ハッサムをパンにハッサム245.pngポリゴン2

格闘どうするの? まさか壁ラティだけでなんとかなると思ってたんじゃないでしょうねwww

え?僕?
参加者42人中3位でしたよwwwwww


【使用PT】
カバルドンドリュウズ245.png
091.pngフシギバナつきのもの

ざまあwwwwwwwwwwwwww

カバドリ使って負け越しとかなんなんですかwwwwwww

パクり構築で負け越しとか本家に対して敬意がないですなwwwwwwwwww
申し訳ないですぞwwwwwwwwwwww


【臆病フシギバナ】

フシギバナ

性格:臆病
努力値:252-xx-48-0-4-204
実数値:187-xx-109-120-121-138
技構成:くさむすび/目覚めるパワー氷/眠り粉/みがわり

 ご覧の通り、パーティ構成がキノガッサに重いのでこのような形になりました。今回の予選成績は3勝5敗だったのですが、うち2勝はキノガッサいりからもぎ取ったものです。今回のMVPです。


【零度スイクン】

245.png

 スイクンとブルンゲル対面で絶対零度を8発全部はずしちゃあかんwww 個体をくれたくりっぷさんに合わせる顔がないwww

 確率のお話:絶対零度を全部はずす確率=5.76%

 雑魚は零度使ってはいけませんわwwwwwwwww


【ドクロッグ入り受けループ】

 野良試合で全勝してきました。初めからこっち使えよwwwwwwwwwwwwwwww

壁ラティオス+珠ハッサム

ハッサム

ハッサムをパンにハッサム

性格:いじっぱり
実数値:149-200-120-*-100-114
努力値:28-252-0-xx-0-228

技構成:むしくい/バレットパンチ/でんこうせっか/つるぎのまい
持ち物:いのちのたま

 ご存じ、いのちのたまを持たせたハッサムです。命の珠を持たせ剣の舞をしたハッサムの電光石火の火力はガブリアスの逆鱗に匹敵するほどとも言われています。

 ただし単体で採用するにはなかなか耐久値が足りず、主にリフレクターや光の壁によるサポートを必要とします。


ラティオス

381.png

 相性補完に優れ、壁のサポートを遂行するのにもっとも適したポケモンです。ガーネットの兄貴のように、HSの努力値振りにしてサポートに特化したものと、ドラゴンジュエルを持たせCSに配分することで一時的に火力を確保する二種類の型が考えられます。

性格:おくびょう
技構成:りゅうせいぐん/リフレクター/ひかりのかべ/おきみやげ




 ラティオス+ハッサムの魅力は相性補完だけではありません。メガネラティオス+オッカハッサムという選択が一般的であり、裏択としてサポートラティオス+珠ハッサムの組み合わせが考えられるのが強みです。

カバルドンドリュウズ
381.pngハッサムをパンにハッサム
245.pngバシャーモ

 たとえば、このようなヒエラルキーカバドリの形にもラティハッサムの形をねじ込むことができるでしょう。
 
 こうすることにより、一見ローブシンに弱いように思われますがガーネットの壁ドリュウズの形ができあがるのでドリュウズが動かしやすくなります。もちろん、カバ+ラティオス+バシャーモのように壁エースがハッサム以外にもう一枚できる点も心強いです。

 なお、その他のポケモンはテンプレで構成されているので検索すればすぐ出てくると思います。




レベル49ハッサム

ハッサムをパンにハッサム


 なお、ハッサムはレベル49を採用することもできますw基本的に、レベル49にするメリットは、一般的なS62カバルドン(最遅ハッサム抜かれ調整)に逆に抜かれてあくびループを抜け出す点にあります。

 珠ハッサムをレベル49にすることはデメリットでしかありませんが、珠ハッサムおよび壁ラティオスを予想させにくいというメリットを成立させます。つまりドリュウズが動かしやすいw

 ちなみにハッサムをレベル49にすると実数値はこんな感じ。

性格:いじっぱり
実数値:143-195-118-*-99-114
努力値:4-252-0-xx-4-248

 実数値はあまり変わりませんが、ダメージ計算時にレベル差によるダメージ量の変化が生じるので予想以上の乱数が動きます。ご利用は計画的に。

身内大会で気になったポケモン

 身内大会に出てきました。身内大会は「卒業生を送る大会」であったため、卒業生であったロジユニさんをリスペクトしたカバドリュコピーパーティで参加してきました。解説は本家本元にしばらく待ってほしいと言われたので今度書きます。

 今回は身内大会で活躍してたり沸いてたポケモンの配分を書いていきたいと思います。


*カビゴン*

はらがへる

 準優勝者が採用していたカビゴンです。今回はゆびをふるではなくカウンターを採用していました。
※配分を使用者からいただきました!感謝です。

せいかく:わんぱく
努力値:164-96-156-xx-88-4
実数値:256-142-115-xx-141-51
持ち物:たべのこし
技構成:おんがえし/カウンター/あくび/じわれ

調整意図(本家からコピペ)
ガブリアスの逆鱗が確定3発
雨状態のキングドラのハイドロポンプが確定3発 
恩返しでグドラ乱数2発

*トゲキッス*

トゲキッス
 今回はゆびをふるではなく、電磁波砂パに採用されていました。第3位が使用していました。初手で投げることが多かったようでラティオスのような感覚での立ち回りが要求されそうな気がします。 不利な状況で強引に6割ひるみの勝ち筋を作ることのできるトゲキッスは最強なのか?

せいかく:おくびょう
努力値:244-xx-4-4-4-252
実数値:191-xx-116-141-138-145
持ち物:こだわりスカーフ
技構成:エアスラッシュ/大文字/電磁波/トリック


*キノガッサ*

キノガッサフクナガ

 決勝トーナメント進出者が採用していたキノガッサ。ヒエラルキーカバドリにおけるカバドリスイクンをメタった形なのだとか。僕もパルシェンが取り巻きで削られた後にマッパで落とされましたw

せいかく:いじっぱり
努力値:220-36-188-xx-60-4
実数値:163-170-124-xx-88-91
持ち物:どくどくだま
技構成:たねマシンガン/マッハパンチ/ストーンエッジ/キノコの胞子

調整意図(本家からコピペ)
 陽気ドリュウズのツバメ返しを確定耐え
 同ドリュウズがマッハパンチで確定二発
 種マシンガンでスイクンの身代わりが確定で壊れる


*ゴルーグ*
i_goruugu.gif

 なぜか参加者人数24人でKP3を獲得し、バンギラスのKPを超えるという快挙を成し遂げたポケモン。あの環境は本当に謎で面白いです。とりあえず僕が当たったのは鉄の拳みがきあ型でした。万が一、身代わりを挟まずにきあいパンチをぶっぱされてたら負けてましたwww




 僕が気になったのはこんな感じ。今回の大会を通して思ったのはガッサ対策は万全を期したほうがいいということでした。本家めざ飛カバルドンで大会に乗り込んでくる人もいたくらいです。

雨パ危篤?

 そういえば最近雨パを見ません。本当にニョログドラを見る機会が減りました。本当にニョログドラは減っているのでしょうか、分析してみました。


【ニョログドラの割合】

 月別にニョログドラの割合をグラフにして掲示しました。なお参考指標にカバドリュを掲載したのでご覧ください。

ニョログドラ推移

 確かに2月にはニョログドラの標本数が激減しており、客観的にニョログドラは減ったと言えるでしょう。しかし、カバドリュとニョログドラの標本数は拮抗しており、中長期スパンでみれば体感的にはカバドリュに出会う回数と同じか少し少ない程度になっているはずなのです。では、なぜニョログドラがあまり見かけないという印象になるのでしょうか。

 そこでレート別にニョログドラの標本数を集計してみました。


【レート別ニョログドラ標本数】

ニョログドラ標本数

カバドリ標本数

全体レート分布


 あまりニョログドラとカバドリュの分布変化に差異はないことがわかります。決定的な差異はレート1750-1799層の間でカバドリュ使用者が決定的に多いということではないでしょうか。

 レート1700以上は低レート層に負けてしまうとレートを大きく落としてしまうため、低レートに対する取りこぼしを少なくする必要があります。常にハイドロポンプの外しという負け筋を抱える雨パは、高レートを維持しづらいということに直結するのです。

参考資料)
レート別分布

【物理キングドラ】

i_kingudora.gif <ワロポンwww

種族値:75-95-95-95-95-85

 このように非常に種族値が安定しているのが特徴。Aの種族値も特攻と同等で、ドロポンの負け筋が怖いなら滝登り+逆鱗の物理グドラを使用すればいいのではないかという観点から考えていきます。

技構成:たきのぼり/げきりん/みがわり/りゅうのまい

*配分例1*
性格:いじっぱり
努力値:84-180-4-xx-0-4-236
実数値:161-151-116-xx-116-135

 これは先に行われた、SORIAオフベスト4のcloudiaさんが使用してた物理キングドラの調整。持ち物は食べ残しでした。

*配分例2*
性格:いじっぱり
努力値:4-244-4-xx-4-252
実数値:151-160-116-xx-116-137

 こちらも、第二回南大阪オフ準優勝のゼフロスさんの使用していた物理グドラの調整です。持ち物はラムのみでした。


 このように、物理キングドラ入りは勝てる雨パなのかもしれません。

【物理キングドラ火力指標】

雨滝登り=逆鱗

雨状態かつ1舞滝登りでラッキーが確定2発 
通常滝登りでHP振りバンギラスが確定2発
雨状態の滝登りで175-136のハッサムが中乱数2発(58.6%)

(更新予定)



以下、物理キングドラを使用したパーティの解説で参考および引用させていただいたブログの記事です。構築の仕方など参考になる部分も多いかと思いますので、こちらも併せてご覧いただくことを推奨します。

SORIAのオフライン日記
ヒトカゲと一緒に

2012年2月期ランダムレート環境調査

2012年2月のレートのKPおよびパーティの集計です。統計数は523です。

2月

 やっぱりラティハッサムなのかww という安定の上位陣は変わらずでもはや言及の必要がないでしょう。そんな中で目に見えて増えてるのがこの二匹。

ヤドラン 245.png

 いわゆる耐久水で、最近数を増やしつつあるバシャーモやパルシェンに強いのが何よりの強みです。


【ヤドラン】
ヤドラン

種族値:95-75-110-100-80-30

 自分も使っているのですが、ヤドランは指数受けに十分な物理耐久を持っており、バシャーモなどの汎用格闘をはじめメタグロスやパルシェン、マンムーなどに役割が持てます。

 また、ヤドランは電磁波を使うことにより後続のサポートも行うことができる点と再生力でサイクルを回しやすいという点で非常に相手にすると厄介なポケモンであります。

性格:図太い
配分例:244-xx-228-12-4-20
実数値:201-xx-174-122-101-53
技構成:サイコキネシス/れいとうビーム/だいもんじ/でんじは
持ち物:オボンのみ

 この配分でASハチマキガブリアスの逆鱗をオボン込みで2回耐えるようになります。れいとうビームを採用する場合、この配分が一番いいと思います。残りの36の努力値は、どこでもいいです。4振り30族抜きハチマキシュバルゴを意識してこのような配分にしてみました。ちなみに怠けるは受けループ以外では技スペースの圧迫になりがちなので不要かと思います。


【スイクン】
245.png

種族値:100-75-115-90-115-85

 ぶっちゃけていうと壊れ性能です。耐久のお化けでSも85あるので非常にカスタマイズ性が高いように思います。現状はヒエラルキーカバドリの受けループ対策として以下のような構成で採用される傾向にあります。

性格:臆病
配分例:252-xx-0-0-4-252
実数値:207-xx-135-110-136-150
技構成:ねっとう/れいとうビーム/瞑想/ねむる
持ち物:たべのこし

 ドクロッグ、ルージュラなどの貯水系統が採用されるようになる現環境では熱湯1ウエポンは警戒される傾向にあります。スイクンを毒で処理しようとする受けループに対して、身代わりではなく素眠りを回答としています。
 
 時代遅れではありますが、個人的には耐久に振った4世代的スイクンもありだとは思っています。テンプレ配分ばかりもあれなので、すこしはオリジナル配分を載せてみようと思います。

性格:ずぶとい
配分例:252-xx-156-0-20-80
実数値:207-xx-170-110-137-114
技構成:なみのり/れいとうビーム/めざめるパワー飛/自由枠
持ち物:オボンのみ
※初期シード2e000212の個体値31-19-31-30-30-30を想定
 
 これは仮想敵を明確に絞ったスイクンとなります。この耐久値は上にあげたヤドランと同等の物理耐久です(珠バシャーモの飛び膝蹴り2耐えも実現)。また、特殊耐久があるため物理か特殊かわかりにくいボーマンダも見ることができます。仮想敵はマンムー・パルシェンなど。パルシェンをみるためにめざパを含め3ウエポンにしたいところです。後だしで来やすいユキノオーを抜けるように振ってみたはいいもののスカーフもいるから安定とは言えないです。


【実際の運用】

 実際これらの耐久水のポケモンがそういった役割で使われる高レートのパーティを見てみましょう。
 こういう運用は高種族値のポケモンを固めた高種族値スタンで見られることが多いです。

2012年2月3日:レート1789

平野ドリュウズラティアス
ハッサムをパンにハッサム637.pngヤドラン

 天候エースのドリュウズを採用しておりいわゆるバンギドリュウズの形をとっているパーティですが、ラティアスやヤドランなどドリュウズが苦手なポケモンに厚めなポケモンを多く採用してドリュウズが動きやすくしているのが特徴です。もちろん上にあげたようなポケモンの対策にもなっているでしょう。


2012年2月22日:レート1810

平野472.png245.png
479-w.png
ヒードランドクロッグ

 このパーティを見たとき吹いたwwww

 僕のパーティのラッキー枠がバンギラス、ヤドラン枠がスイクンを投入した形です。オボンスイクンであれば上にあげた仮想敵をしっかり見ることができ、このようなタイプのパーティのスイクンが担うべき役割に合致しています。ラキグライだとラッキーが起点にされる恐れがあるので、そういう立ち回りを敬遠するのであればバンギラスを採用したセミ受けループ的なこの構築のほうが向いてるかもしれません。個人的にはガブリアスやカイリューの処理方法が気になります。ちょっと試してみようかなw


【高レートパーティ】

2012年2月22日:レート1810

ユキノオーi_kairyuu.gif376.png

i_roobushin.gif479-w.png637.png

 前回のノオースタンのテンプレにきっちりなぞった形での構築。やはり、2月前半の第20回シングル厨でカバドリが優勝した影響が出たのか、ローブシンを採用してカバドリをメタる形になっている2月後半の構築。レート環境そのものではカバドリの数に増減はありませんが、上位層の間でカバドリが復権しつつあるのでしょうか。

 ちなみに、統計上でカバドリの最高レートは1790。使用パーティはテンプレのヒエラルキーカバドリでした。


【まとめ】

 ノオースタンはレート環境で流行ってるらしいです。

壁ドリュウズについて

壁サポート入りカバドリ構築を何度も回してみての雑感を。
コンセプトとしては、カバルドンでステロを撒き、壁サポートで場を整え、ドリュウズで全抜きといった勝ち筋を積極的に狙っていく形となります。



まずは軸となるカバルドン、ドリュウズの構成。



カバルドン

カバルドン

性格  腕白

技   地震 氷の牙 ステルスロック 吠える

持ち物 オボンの実

実数値 212-132-162-××-118-67

いつもお世話になっている極々オーソドックスな型。今回はボルトロス、ランドロスにダメを入れるために欠伸を切って氷の牙を採用。基本的にステロ撒いて吠える連打してるだけでおk。



ドリュウズ

530.gif

性格  陽気

技   地震 岩雪崩 恩返し 剣の舞

持ち物 地面のジュエル

実数値 185-187-81-××-85-154

最重要抜きエース。カバドリミラーを考えると、この構成が最もベストであるという結論に達しました。1剣舞ジュエル地震でカバルドンを、1剣舞恩返しでラティオスをステロ込で確殺。



そして今回壁サポート役として採用したポケモンがこいつ。



ラティオス

ラティオス

性格  臆病

技   流星群 置き土産 リフレクター 光の壁

持ち物 光の粘土

実数値 187-××-101-150-130-178

元々カバドリ構築にすんなり入ってくるポケモン(というかデフォ?)であり非常に相性が良い。配分はなるべく両壁貼って退場というお仕事を遂行出来るように、思考停止HS振り。そして不毛のミラー時に備えて流星群を。ちなみに竜の波動ではミラーが中乱数1発と安定しません。


よく入ってくる眼鏡ラティオスを変えてまで両壁サポート型を組み込む最大のメリットとして、

「ドリュウズがローブシンに縛られなくなる」

点が挙げられます。例えば見せあい段階で相手にローブシンがいただけで、根性マッハパンチという上からの縛りによりカバドリが選出し辛くなる事態に陥りますが、ローブシンが来る前にラティオスで壁を貼り、なおかつドリュウズで剣の舞を一度積んでしまえば、マッハパンチを一発耐えて地震で突破することが出来ます。
相手がバンギラス+ローブシン+αの選出ならば、ラティオスでローブシンを流しつつバンギラスを投げられたところで両壁貼って置き土産→ドリュウズ降臨、といった立ち回りです。
対ローブシン以外にも、壁を貼ることでブルンゲル、スイクン、グライオン等に対して強引に舞う機会を作ることが出来ます。カバルドンの欠伸を起点にするというよりは、壁貼って一発耐えて舞う機会を作る、といった感じです。以上の相手に対して強引に立ち回る機会を作るためにも、個人的に壁サポートにドリュウズを組み込む際は、なるべく消耗させたくない理由からドリュウズの持ち物は命の珠ではなく、地面のジュエルを推奨したいです。

カバドリラティ選出でより多くの勝ち筋を見出す事がこのPTのコンセプトであり、無天候、天候ミラーには安定した勝率を保てているものの、壁ドリュウズが効力を発揮できないその他の天候軸にはこの選出において当然厳しいものがあり、残り3体で補完していくしかなさそうです。上記のカバドリラティを基調にしつつ、残り3匹をじっくり煮詰めていきたいと思います。

なお、第20回シングル厨優勝者であるはるひさんの構築を誠に勝手ながら参考にさせていただきました。

2012年1月期ランダムレート環境調査

遅くなりました。2012年1月期のレート環境調査まとめです。統計数は271です。

2012年1月KP

 やはり、ラティハッサム全盛で、増えたのがこの二匹。

ユキノオー  i_borutorosu.gif

 ボルトロス増加の要因の理由は明白で、この時期の配布による厳選難度の低下でしょう。これにより、ボルトロス採用の敷居が下がったのは明白です。実際僕もこの配布によりボルトロスを確保することに成功しました。


【ユキノオーテンプレについて】

ユキノオー

種族値:90-92-75-92-85-60

 ユキノオーはカバルドンとニョロトノという天候始動ポケモンに強いことが特徴です。また、種族値が充足しているわけではないので、配分および持ち物によって相手にすることができるポケモンが変わってきます。ただし、ユキノオースタンにはスカーフガブリアスが採用される場合が多いので両立は難しいでしょう。ただし、裏択としてスカーフノオーの採用は十分あり得る話なので注意。

必須技:吹雪/草技
持ち物候補:きあいのタスキorこだわりスカーフ

 基本的にこういった構成が多いです。草技は草結び、ウッドハンマー、ギガドレインの3択。適当に選ぶのではなく、勿論仮想敵によって変わります。

 草結びは大概の耐久水やバンギラスに入りますが水ロトム、ランターンには入らないです。ウッドハンマーは、バンギラス、スイクン、水ロトム、ランターンなどに入るものの、反動が痛いのと二刀流の配分の必要性が出てきます。ギガドレインは水ロトムには刺さりますが、その他の仮想敵に打点が入らないです。適当にまとめるとそんな感じ。

 技の後二枠次第ではいろいろなことができるのでユキノオー軸のパーティながらパーティメンツと相談して最後に型が決まるポケモンかもしれません。

 深追いするとユキノオーの記事になってしまうので別記事にまとめます。


【高レートノオースタン構築】

2012年度1月に限定せず、ユキノオーを採用した強者のスタン構築を参考にしていきましょう。

2012年2月3日 レート:1883
ユキノオー445-m.png376.png
バシャーモブルンゲルi_borutorosu.gif

 相性補完が見事にされてると言わざるをえないです。おそらくこの構築がノオースタンのテンプレになるのではないでしょうか。1月30日時点で、ボルトロスがサンダーになっているパーティが1800代前半で存在しおそらく同一人物だと思います。

2012年2月6日 レート:1811

ユキノオー445-m.pngハッサムをパンにハッサム
ヤドランi_borutorosu.gifゴウカザル

 まあだいたい役割が似通っているのがわかると思います。
 テンプレが、「ノオー+ガブ+格闘+水+鋼+自由」なので、その通りの構成がやはり強いのだと思います。


【1月時高レート構築】

レート:1832
平野445-m.png637.png
i_borutorosu.gif
245.pngフワライド

 バンギスタン+フワライド。フワライドがどういう動きをするのかはやはり気になります。


【まとめ】

 2012年1月期は、1700以上はほぼバンギスタンかノオースタン。カバドリ、雨パ危篤。しかし2月のシングル厨でカバドリが復権することを考えると何が起こるか分からないと思いました。とはいえ、上位構築が圧倒的にカバドリをメタってる感じでもないので、カバドリ復権は必然なのでしょうか。

第一回SORIAオフ②

SORIAオフのオフレポの続きです。

【6戦目:さきさん】

平野ドリュウズ381.pngハッサムをパンにハッサムブルンゲル472.png

いわゆるバンギドリュウズ構築。ラティハッサムブルンゲルの選出を予想しました。万が一バンギドリュウズを選出された場合を想定した選出を行いました。

当方選出:ヒードラン・ドクロッグ・グライオン
相手選出:ラティオス・グライオン・ブルンゲル

 なんと、相手はグライオンを強引に選出してきました。予想外。グライミラーでPP合戦に持ち込むしかない状況で、相手グライオンに挑発があったため敗北。ドクロッグの採用が余計でした。

結果:負け

【7戦目:ゴチルゼル高橋(フレデリカ)さん】

平野445-m.pngi_roobushin.gifi_barubiito.gifヤドラン121.png

 やはり目を引くのはバルビート。しかし、バトン先の想定がヤドラン・スターミー・バンギラスのため、グライオンおよびドクロッグで止められると判断しました。残りはガブリアスを処理するためのパルシェンを選びました。

当方選出:グライオン・ドクロッグ・パルシェン
相手選出:バルビート・ヤドラン・スターミー

1サイクル目では、バルビートがスターミーにバトンをつないできたので、ドクロッグを出しました。まもるでサイコキネシスの非所持を確認した後、2サイクル目でパルシェンが毒菱を2回巻いた状態でグライオンにつなぐことに成功。毒状態のヤドランとグライオンの対面で勝ちを確信したところ、なんと相手のヤドランがトリックルーム。こちらは守るを選択しており、ここで勝負あり。1手の甘えが勝負を左右することが分かりました。

結果:負け


【8戦目:ロジユニさん】

i_nyorotono.gifi_kingudora.gif637.pngi_roobushin.gifナットレイ091.png

 なんと身内戦。ロジユニさんをリスペクトして受けループを使い出したのは何を隠そう自分ですw しかし、今回はその受けループではなく雨パでした。

当方選出:ヒードラン・ドクロッグ・ヤドラン
相手選出:ローブシン・ウルガモス・パルシェン

 身内大会でロジユニさんがこのパーティを使う可能性もあるので、これ以上の言及は避けます。KP集計でわかる範囲での記述にとどめさせていただきます。

 身内戦ならではの読み合いが行われました。会場まで一緒に行ったためある程度の型は把握していたのですが、ガチバトルは初めてのため、お互い立ち回りの癖が分からず面白い試合でした。

結果:勝ち




 その後、ロジユニさん・ヒデキ組VSくろうささん・しまこーさん組によるマルチバトルが行わました。
 予選とは打って変わって圧勝したので、記念にBV残しておきました。さすがマルチガチ勢。ロジエラーは禁止伝説という文句にたがわぬ活躍でした。
→筆者はダブルバトルを本格的にやってはいません。
 

BV:91-83735-36951




 その後、クレセントさん、同人誌勢さん、バンギラス平野さん、キツネさんとの野良試合は2勝2敗でした。身内大会で使う新作パーティの試運転をしてきました。対戦ありがとうございました!又機会があったら対戦したいです!

 最後に、主催者のSORIAさんをはじめ、みなさまお疲れさまでした。

第一回SORIAオフ①

 予選落ちの雑魚に需要があるか分かりませんが、とりあえずログを残しておきます。

【1戦目:KOHさん】

平野i_kairyuu.gif202-m.png
479-w.png637.pngi_roobushin.gif

 今回入ったブロックはこういったバンギ入りのスタン構築がおお聞く選出軸が読めなかったです。

当方選出:ラッキー・ドクロッグ・ヒードラン
相手選出:ローブシン・ロトム水・ウルガモス

 ドクロッグでローブシンを止めきれずそのまま押し切られ敗北。ローブシンに対して新しいドクロッグが弱いということが分かった大事な試合でもありました。やはり、グライオンかヤドランは必須でした。バンギラスまで意識したグライオン選出が安定したかと思いました。緊張してた;;

結果:負け

【2戦目:みつさん】

381.png130-m.png平野
376.png479-w.png445-m.png

当方選出:ドクロッグ・ラッキー・ヤドラン
相手選出:ギャラドス・ロトム水・ラティオス

 やはり、緊張がでかかったと言わざるを得ないw 意味不明のドクロッグ選出で負け。恐らく、ギャラやロトムに毒を刺したいという意図だったんでしょうが、今まで通りヒードランなりグライオンなりを選出するべきでした。ドクロッグでラティを消耗させようとしましたが、サイコショック持ちで立ちいかなくなりました。このあたりのことは思考が明らかにおかしかったです。

結果:負け


【3戦目:くろうささん】

i_nyorotono.gifi_kingudora.gif381.png
i_borutorosu.gif
472.png091.png

当方選出:ラッキー・ドクロッグ・ヤドラン
相手選出:ニョロトノ・ボルトロス・キングドラ

 なんと前回シングル厨を含め4回目の対戦。相手が雨選出してくれたのでドクロッグがブッ刺さり。ボルトロスとニョロトノに毒毒をしこみ毒まもで削りつつ、キングドラを消耗させて勝ち。

結果:勝ち


【4戦目:ぱるぅさん】

カバルドンドリュウズi_borutorosu.gif
381.png
637.pngナットレイ

当方選出:ドクロッグ ラッキー グライオン
相手選出:カバルドン ボルトロス (ドリュウズ) 

 ニコ生の大会ではヒードランでフルボッコにしたので、それを意識したカバドリュ選出で来ると予想。グライオンが確定。ボルトロスが電磁波撒きだった記憶から、詰まれる可能性は薄いと判断。パルシェンを選出せず、ウルガも受けられるように、ラッキーで受けに行こうとする。ラティや納豆、ボルトロスに対してドクロッグを選出。

結果:負け

 まあ普通はカバドリュに入るボルトロスは悪だくみ持ってますよねwwwwwwwwwwwwwww


【5戦目:しまこーさん】

091.pngキノガッサ福永381.png
445-m.pngブルンゲルハッサムをパンにハッサム

今回KP1位のしまこーさん。ハッサムは韓国ロムの핫삼でした。読み方はそのまま「ハッサム」ですwww

当方選出:パルシェン ドクロッグ ヤドラン
相手選出:ラティオス 핫삼 パルシェン

 初手のスカパルでラティオスを勝ったところ、パルシェンが起点にしようとしてきたので、ヤドランで処理。ラス1のハッサムに対しドクロッグがバレットパンチをカウンターして勝ち。

結果:勝ち

 残り4戦と野良試合の雑感は次記事にて。

受けループ@2012March (第一回SORIAオフ使用)

 こんにちは。SORIAオフで惨敗してきたので反省の意味を兼ねて構築を晒しつつ今後の糧にしようと思います。

 結果は3勝5敗。欲を言えば決勝トーナメントに進出したかったところですが、やはりレベルも高くやすやすとは勝たせてもらえませんでした。

 というわけで今回のパーティ。


113.gif472.gif080.gif485.gif454.gif091.gif


 「ラキグライドランドランち○こま○こ」

 相変わらずの受けループで何も変更点はないですねwwwwww

 と言いたいところですが、前回のシングル厨で決勝トーナメントに残らせていただいた結果、五体かぶりのどらねこさんとお話しする機会を戴き、選出軸の変化や立ち回りの引き出しを得ることができました。

 こうした背景から型の変更を加えています。


【変更点のポイント】

・ラティオスの処理をパルシェンに依存しない

 スカーフパルシェンのつららばりでラティオスを一撃で落とすことができるものの、相手の選出がパルシェンに厚い場合が多く上手く動けないことが多いです。そのため、ラティオスの処理をパルシェンに依存しない形で行えるような構築を目指します。

 たとえば、眼鏡のラティオスであれば、守るでこだわりを縛ることができれば、立ち回りを優位に進めることができます。そのため、ヒードランやグライオンを2月より積極的に選出するようになりました。また、トリックのないラティオスはラッキーで完全に止まるため議論の対象外とします。

 また、「ドクロッグの悪ジュエルの不意打ちでラティオスが落ちる」という情報が浸透しドクロッグが動きにくくなったので型変更を加えています。


・ヒードランを積極的に選出するようになった

 雨パーティに対してヒードランを選出できずに負けたという場面に幾度となく遭遇し、ヒードランを積極的に選出するようになりました。そのため、ハッサムが脅威でない場面が増えたため、グライオンに型の変更を加えました。


【配分紹介】

 だいたいは、前回と変わらないので、どらねこさんをリスペクトした形で変更点だけ記載しておきます。


グライオン
472.gif

性格:わんぱく
特性:ポイズンヒール
持ち物:どくどくだま
技構成:じしん/ハサミギロチン/まもる/みがわり
努力値:212-0-84-xx-0-212
実数値:177-115-171-xx-95-142

(前回配分)
性格:ようき
特性:ポイズンヒール
持ち物:どくどくだま
技構成:ほのおのキバ/ハサミギロチン/まもる/みがわり
努力値:212-0-84-xx-0-212
実数値:177-115-156-xx-95-156


ヒードランの選出回数が増えたため、炎の牙を切った形で使ってみました。このパーティが重いテラキオンやバシャーモに対し少しでも抵抗できればという意図での採用です。また、ヒードランも意識しておりそのための素早さ調整となっています。前回よりも物理耐久を確保していますが、これでも物理耐久が足りないくらいです。


ドクロッグ
454.gif

性格:しんちょう
特性:かんそうはだ
持ち物:くろいヘドロ
技構成:ドレインパンチ/カウンター/どくどく/まもる
努力値:228-4-20-xx-252-4
実数値:187-127-88-xx-128-106

(前回配分)
性格:いじっぱり
特性:かんそうはだ
持ち物:あくのジュエル
技構成:ドレインパンチ/ふいうち/つるぎのまい/みがわり
努力値:4-252-0-xx-0-252
実数値:159-173-85-xx-85-137


 前述の通り、ジュエルふいうちが刺さる場面が少なく、ラティオスを守るで対処するような形に。スイクンに対して弱くなりましたが、カバドリラティハッサムバシャスイクンのようなパーティに対してスイクン以外に刺さることも少なく完全な見せポケとしての採用となりました。しかし、仮想敵に明確な回答を示しているかと言えば微妙なところであり、問題児であり失敗作であったと思います。やはり、ドクロッグは種族値が足りず、受けループに採用する際はとりわけ環境に敏感である必要性を認識しました。



 
 というわけで、今回は結果を残せなかった受けループ。この構築の限界なども見えてきたため、すこしドクロッグ受けループからは離れて新しい構築を模索していきたいと思います。 未完成ながらドクロッグ入り受けループは現状で、ドクロッグの型を模索しつつ残りの五匹を結論と位置付けたいと思います。

 気が向いたら改築してみようと思いますが^^;

 ログのほうは面倒になったのでまた今度書こうと思います。
 結果は散々でしたがオフそのものは楽しかったのでよしとしましょう!楽しんだもの勝ち!

ゆびをふる大会をふりかえって

 ゆびをふる大会を勝ち抜こうと周りが全員ガチでやっていて、ピクシーで挑んだ僕(ら)は甘えたなあと反省しています。

 需要があるか分かりませんが、今後ゆびをふる統一の大会が行われた場合の先例として、どのようなポケモンが強力なのかを記事にして書き残しておこうと思います。

【KP集計】

 ゆびをふる大会で使われたポケモンのKPです。分かりやすいように視覚で訴えます。(参加者16名)

はらがへるはらがへるはらがへる
トゲキッストゲキッストゲキッス
i_yonowaaru.gifi_yonowaaru.gifi_yonowaaru.gif
ミュウミュウストイコビッチ ストイコビッチ
色違いはニンジンヤミラミ210.png

 優勝者がヨノワール、準優勝がカビゴン、ベスト4がトゲキッスとヨノワールでした。
恐らくゆびをふる大会においてカビゴン、トゲキッス、ヨノワールの3強の構図が見えてきます。(この三匹の中でヨノワールのみ第三世代の厳選が必要)

 ヨノワールはプレッシャーでPPを削りきれること、ゴーストタイプにより無効できる技が多いことが採用の理由だと思われます。サマヨールと異なり、ある程度殴れる点もゆびを振る合戦においては評価を上げる要因でした。

 カビゴンはAB鉢巻個体が二匹、HBゴツゴツメット個体が一匹確認されました。鉢巻カビゴンは一致技or相手の弱点技を引くことができればダメージレースに優位に立てることと、耐久の高さが評価されているのだと思います。特性は免疫・厚い脂肪の両方確認されました。

 トゲキッスは張り切り個体、眼鏡個体とカスタマイズ性が非常に高いポケモンです。張り切り個体はカビゴンのような打ち合いが期待できます。眼鏡個体は天の恵みを採用できるので追加効果を発動しやすいメリットもあるでしょう。ゆびをふる合戦においては夢特性の「きょううん」も候補に十分入るかもしれません。

 そして、おそらくこの大会最強のポケモンはこれ

385.gif

 厳選難易度は非常に高いものの種族値耐性共に非常に優秀でゆびをふる合戦において非常に強力なポケモンとなるはずです。


【鉢巻カビゴンVS残飯ヨノワール】

 ゆびをふる合戦は火力で押すのか、プレッシャーでゆびをふるのPP切れを待つのかという考え方の相違があるとおもいます。決勝戦のカビゴン対ヨノワールはその考え方を表していると思います。

 参考までにAぶっぱ鉢巻カビゴンのわるあがきが特化ヨノワールに与えるダメージはこちら。
 16.4%~19.7%

 このダメージを考えると、カビゴンがヨノワールに負担をかけることができれば、十分火力で押し切るという考え方が成立すると思います。


【なんでサマヨール<ヨノワールなのか】

 ゆびをふる合戦で意外と重要なのは火力。自己再生などの回復技が出ることは少ないので少しでも負担をかけたほうがよいという考えが成立します。そのため、シングルで使われる鬼火・痛み分けなどの嫌がらせ技が使えないサマヨールより火力重視のヨノワールのほうが使われた模様です。

【KP0のゆびをふる使用可能ポケモン】
i_ringuma.gifi_sawamuraa.gifi_ruujyura.gifi_pacchiiru.gifi_nyorotono.gif
i_mirutanku.gifi_kakureon.gifi_kairikii.gifi_jyupetta.gifi_irumiize.gif
i_hapinasu.gifi_eteboosu.gifi_ebiwaraa.gifi_cyaaremu.gifi_barubiito.gif
311.png312.png297.png272-m.png251.png
122.png097-f.png094.png076.png065-m.png
062.png057.png385.gif

 思ったよりいることが判明しました。この中に嫁ポケがいる人は積極的に使っていきましょうww
 カイリキーやハリテヤマあたりにワンチャンはあると思います。


【じゃあなんでお前はピクシー使ったの?】

 ピクシーのNNにストイコビッチって海外NNで使いたかったんだよwwww

 大会参加者と模擬試合通じて1勝4敗だった時点で限界は感じていましたがww

 また、ピクシーをコストさんに戴いたので最後まで使いたかったという点もあります。
 コストさんを裏切って鉢巻カビゴンと直前まで迷ったのは内緒です。ほら、大会よりも大事な人とのつながりってあるでしょ()

ロジカップ(ゆびをふる大会)ログ

 2/29-3/1に福島県某所にて17人のポケモントレーナーによる男だけの合宿が催されました。そこでは、カップルができるなどの楽しい事件がたくさんあり非常に有意義な時間を過ごすことができました。

 さて、今回は「ゆびをふる」のみによる大会が行われました。


 今回使用したのはこれ。

ストイコビッチ

 指を振ると言えば、ピクシーであり、ピクシーといえば、名古屋グランパスにいたあの監督。
 特性マジックガードにより指を振る合戦で驚異の定数ダメージを抑えることができると思ったので採用しました。

 性格:冷静
 努力値:4-252-0-252-0-0
 実数値:171-122-93-150-110-74
 持ち物:いのちのたま
 技構成:ゆびをふる

色々と模擬試合を通じて耐久がないので高火力技の打ち合いになるとカビゴンやトゲキッスなどのポケモンに競り負けてしまうなどという問題点が発覚しましたが、面倒だったため、そのまま大会に出場。


【1回戦:こうき君】

356.png

 性格:ひかえめ 
 努力値:HCぶっぱ
 持ち物:しんかのきせき
 技構成:ゆびをふる

 二本先取で行われたこの勝負。初戦の対戦相手は、身内の大会で優勝経験のあるこうき君でした。ゆびをふるなら実力の差も関係ないwww)ピクシーに毒が入るなど、マジックガードが生きた場面が多かったです。サマヨール自体が決定力を欠いていたため、プレッシャーによるPP切れ前に押しきれました。また、ヘドロウェーブでサマヨールを毒にさせたのがエラい。

結果:勝ち


【2回戦:いもにゃん】

143.png

 性格:いじっぱり
 努力値:ABぶっぱ
 持ち物:こだわりハチマキ
 特性:めんえき
 技構成:ゆびをふる 

 2回戦も2本先取。1戦目はカビゴンのブレイククローでピクシーが一発で落ちて負け。やはり高火力とは打ち合えませんでした。2戦目はなんとカビゴンがスキルスワップを引きピクシーのマジックガードを奪われてしまいました。あとは、珠ダメージ自傷となんと大文字で火傷を引いてしまいじり貧。

結果:負け




 このように、好成績を残すことはできませんでしたが、非常に楽しかったです。決勝戦はいもにゃんのカビゴンとししゃもさんのヨノワールの壮絶な戦いが繰り広げられ盛り上がりました。

 ゆびをふる大会の開催について、興味のある人のためにKPなどを載せたいと思うのですが、疲れたのでまたの機会にさせていただきます。

 そして最後に、今回の合宿を企画してくださったロジユニさんをはじめ、私事によりたくさんのご迷惑をかけた参加者一同には感謝の意を述べさせていただきたいと思います。


【追伸】 
今週の日曜日のSORIAオフのパーティの試運転をしてきました。結果も3勝0敗でいい感じなので一つでも勝てるように頑張りたいと思います!

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。