イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |2012年02月

Entries

ハッサム+カイリュー

 相互リンクのおこのみさんが「鉢巻カイリューの神速圏内に入れれば僕の勝ち」みたいなことを言ってたというので、鉢巻カイリューの神速をさらに強化する、最強のギミックを思いついたのです。

ハッサム

ハッサム

性格:のんき
努力値:236-0-28-xx-244-0
実数値:175-150-136-xx-131-63

 いわゆるどこにでもいる最遅ハッサム。しかし、その実態はただのハッサムではないのですww

持ち物:オッカのみ
特性:むしのしらせ
技構成:とんぼがえり/つるぎのまい/バトンタッチ/はねやすめ

 機会を伺って強引にバトンからカイリューでタテろうぜwwwという地雷ハッサムがここに生まれたわけです。


カイリュー

149.gif

性格:いじっぱり
努力値:4-252-0-xx-0-252
実数値:167-204-115-xx-120-132

持ち物:こだわりハチマキ
特性:マルチスケイル
技構成:げきりん/アクアテール/じしん/しんそく

今回は雨パのエースとして考えたためこんな構成に。鋼の処理は格闘枠依存になりそう。
神速圏内に入れてしまえば、やっぱり優先度+2のこだわりということもあって強かったです。




【現在回してみているPT】

+

473.gif キノガッサニョロトノ ラティオス

 基本的にはおこのみさんのパーティリスペクトでマンムーガッサを採用しています。最初はパルガッサから入ったのですが、ボルトチェンジの一貫が辛かったのでマンムーを採用してみました。詳しくはおこのみさんのブログを参照ください。

 残り二枠はハッサムとの並びが美しい特殊竜枠のラティオスと炎技軽減かつパーティにささりがちなポケモンをメタりやすいという理由に加え、パーティにうまい具合に補完が取れるという理由でニョロトノを採用してみました。


【弱点】

 ハッサムよわっwww バレパンないと肝心な時に打ち合いが効かない点と、意外と剣の舞を積むタイミングがシビアでカイリューにバトンをつなげないです。

 また、剣の舞バトンのギミックを採用する際に残り選出枠が1となり、神速圏内になかなか入れにくいというデメリットが生じてしまっています。

 さらには、カイリューの鉢巻によって技が縛られるのも全抜きを妨げる要因になっています。
 つまりこのギミックはそんなに強くない()


【総括】

 というわけで、この剣の舞バトンハッサムについて、改善点やこうしたらタテりやすいのでは?という意見がありましたら、コメントでバシバシ議論を交わしていきたいと思っていますので、皆さんもよろしくお願いします!
スポンサーサイト

毒菱入り受けループ

受けループを長らく使用していて、これが自分なりの受けループの結論であると言えるような納得のいく構築を完成させることが出来たので書き込みます。



バンギラス080.gif113.gif472.gif091.gif642.gif





ラッキー+グライオン+ヤドランという典型的な受けループの組み合わせをベースとし、そこにPT全体の決定力、処理速度を向上させることができる毒菱を仕込んでいることがポイントとなります。前途の3体は見せあい時点での圧力が凄まじく、相手の選出を大まかに絞ることが出来、それを予測した上でメタポケである他の3体で狩っていきます。ヒデキがドクロッグ入り受けループを使ってシングル厨でベスト16入りを果たし、先に結果を残されてしまいましたが、毒菱以外は少し性質の異なるPTだと思っています。とりあえず以下個別解説。



バンギラス

バンギラス

性格  意地っ張り

技   ストーンエッジ 噛み砕く 馬鹿力 炎のパンチ

持ち物 拘り鉢巻

実数値 175-204-131-××-120-113

AS鉢巻バンギ。受けループをメタってくるポケモンへのメタ、すなわちメタメタ候補その1。竜舞と迷いましたが仮想敵を迅速に狩れる鉢巻を選びました。ループを回しても負担がかかりづらく処理が難しいブルンゲル、ランクルス等を一撃で蒸発させる事が主な役割であり、こいつらがPTにいたら即選出。いかにバンギの試行回数を稼ぐかを常に念頭に入れます。バンギラスを呼ぶために準速馬鹿力が非常に優秀。また、炎のパンチでハッサム、ナットレイにも高い打点が持てる。特殊受けはより万能なラッキーに一任しており、耐久を切っている分鉢巻カイリューの逆鱗で中乱数1と過信は禁物。



ヤドラン

080.gif

性格  図太い

技   サイコキネシス 火炎放射 電磁波 怠ける

持ち物 リンドの実

実数値 201-××-165-120-111-53

典型的な格闘受けであるが故にバンギラス、ラッキーと相性が良く、一定の信頼が置けるポケモン。グライオンがパルシェンをホイホイ呼ぶので、破ってジュエルめざ草で突破しようとしてくる甘えたパルシェンをそげぶするためリンドの実を。電気が飛んできたら考参。電磁波は呼ぶラティオスやボルトロスへの遂行として欠かせない技であり、ハッサムに撒けば火炎放射で上からの打点を確保できます。個人的にこれがないとヤドランの存在意義はないと思っています。サイキネはローブシン、テラキオンの迅速な処理に。しかしながらこれらのポケモンは他で何とでもなることが多く、基本的にあまり選出していません。



ラッキー

113.gif

性格  腕白

技   地球投げ 身代わり 電磁波 卵産み

持ち物 進化の輝石

実数値 325-××-62-××-126-102

テンプレBSラッキー。特殊受けを全て一任できる汎用ポケモン。テラキオン、ウルガモス等の仮想敵を考えると、ヤドラン同様に電磁波は欠かせないものとなります。毒毒ステロを切っているため決定力に欠ける分、毒菱等後ろのサポートが不可欠に。圧倒的な抑制力を持つが故に相手の選出が露骨でありメタられるため、選出は控えめ。



グライオン

472.gif

性格  陽気

技   炎の牙 バトンタッチ 身代わり 守る

持ち物 毒毒玉

実数値 176-115-152-××-95-161

砂嵐や毒等の定数ダメを稼ぐ事に非常に秀でているポケモン。汎用格闘受けではない。パルボルトグライの形によるまもみがの一方的なハメ、削りをちらつかせつつ隙を見てバトンで味方に繋ぐ事も出来る。主なバトン先は当然バンギラス、ボルトロス、パルシェン。根性ローブシンへの強引な後出しも○。また基本的にハッサムの処理はこいつに一任しています。地震を切っているためドリュウズがゲロく、消耗した揚句の果てに終盤にドリュウズにタテられぬよう繊細に立ち回る必要あり。



パルシェン

091.gif

性格  陽気

技   氷柱張り ロックブラスト 毒毒 毒菱

持ち物 拘りスカーフ

実数値 125-147-201-××-63-134

メタメタ候補その2であり、このPTの要。恐らく最も選出機会が多いです。先発に置くことが多く、初手に何を選択するかでその後の立ち回りが大きく変わっていきます。後ろに理論的にパルシェンが受かるポケモン、すなわち破り後のジュエルめざ草=ラティの眼鏡流星を耐える指数を持つ水ポケモン(ブルンゲル、水ロトム、スイクン等)がいればホイホイ出てくるので、一点読みで毒毒を選択します。ユキトド等毒+まもみがが成立可能な場合は素直に毒菱。一貫しているため初手に出てきやすい竜に対しては素直に氷柱張りを。スカパルを置くことで受け要因3体が竜に一方的に起点にされることがなくなるので非常に相性が良好です。



ボルトロス

642.gif

性格  臆病

技   10万ボルト 目覚めるパワー(氷) 身代わり 守る

持ち物 食べ残し

実数値 167-××-92-159-101-179

メタメタ候補その3。パルシェンと同様に受け3体が誘いやすいメタに対して上からの打点が確保できる貴重なポケモン。ガブリアス、テラキオン、スイクン、ブルンゲル等に対してダメが入るのは本当にでかい。ラティオスに対しても身代わりすることでトリックを決めさせません。役割としてはヒデキが使用するドクロッグに似ているかと思います。残飯持ちなので砂ダメによる自害もないです。なお実数値が帯ボルトのテンプレ配分となっていますが、無振りガブを一発で落とせるなど困った点は特に見当たらず、そのまま愛用しています。




パルシェン+ボルトロスorグライオン+α

これが基本選出となります。相手のPT次第でパルシェンの行動パターンが変わり、それぞれのチャート通りに立ち回るといった形です。
前途の通り、パルシェンを見せればほぼ確実に受かるポケモンが出てくるので一点読みで毒毒を選択し、眠ったり再生している隙にボルトやバンギで美味しく狩り、その後はパルシェンでタテる、といったパターンがひとつの勝ち筋として確立することが出来ていると思います。
先発に竜が出てきた場合はそのまま氷柱張りを選択。スカパルは何故か警戒されにくく、そのまま倒れてくれる場合が多いです。不意のスカラティにはご注意を。
相手のPT次第では毒菱を選択。トノグドラ、バンギガブ、ユキトドに対して特に有効であり、場合によっては一方的に刺さります。カバドリにも撒きたいところではありますがドリュウズの存在があるので安定とは言い難いです。

このPTの詰み要素としては、主にヤドランでパルシェン、テラキオン、グライオンでドリュウズ、ハッサム、ナットレイがそれぞれ受からない場合。電磁波を撒いて誤魔化したり、バンギやボルトを積極的に出して舞わせない事が重要になってきます。

実はそこそこ前から使用していたPTであり、フレ戦等でかなり安定した戦績を残しているので、シングル厨でも使えば良かったかなぁと反省中。ただ回すのに時間がかかるので大会ではあまり回したくないなーとも思う;;
とりあえず受けループは性に合わないのでこれ以上作らないと思う。

グライオンは格闘受けに安定しない

グライオン

472.gif

 グライオンと言えばラキグライやバンギグライなどの受け主体のパーティで、ポイズンヒールを利用したみがまもによるハメ殺しを狙うことで有名な害悪ポケモンの一つです。

 しかし、案外この形に持っていけることは少ないです。どらねこさんのあおる通り、「まもみがするぞww」という圧力をかけていきつつ毒ダメージやステロダメージを稼いでいく立ち回りが基本となります。ラッキーと合わせる場合特に何回も繰り出したいポケモンであり、ハメ殺しの条件である素早さと、繰り出し回数を確保する物理耐久面の両面が必要とされ、その兼ね合いが非常に難しいポケモンであると言えます。

 そのため、グライオンの対格闘を色々なパターンで想定したのがこの記事となります。
 これからグライオンを使おうと思ってる人の羅針盤になればうれしいです。

 それでは、グライオンの努力値振り如何によってタイマンに影響の出そうなポケモンで受けループがきつそうなものを列挙してみました。

448.gif 485.gif639.gif257_20120114192505.gif


 どれも、ラッキーでは倒すことが難しいポケモンです。ヒードランはマグマストーム採用個体に限りラッキーを相手にすることができるためです。



【対ルカリオ】

 ルカリオがめざ氷を所持した個体である場合、ラッキーグライオンが理論上仕事をできないことになります。そのため、グライオンがルカリオを抜く調整をする必要性が生じてきます。これは現在の使用個体に最も近いです。

性格:陽気
努力値:212-0-76-xx-0-220
実数値:177-115-155-xx-95-157
ポイズンヒール回復:22


【対ヒードラン】
 
 ラッキーに対して、ヒードランがマグマストームを当ててそれからの毒毒のダメージでラッキーを倒してこようとする場面があります。また、ヒードランがみがまも型の場合もあるのでグライオンでヒードランに先制する必要があります。もちろんS157でも良いでしょうが、ヒードランの水準まで素早さを妥協した配分はこちら。

性格:腕白
努力値:212-0-84-xx-0-212
実数値:177-115-171-xx-95-142
ポイズンヒール回復:22

 ここまで妥協すると防御補正をかけることができるので、効率のよい努力値配分が可能となります。そのため、以後のグライオンの調整はこの調整を想定します。


【対テラキオン】

 最初に知っておかなければならないのは、グライオンはじならしでテラキオンを確2にできないということです。そのためテラキオンを意識する際には地震採用個体もじならし採用個体もテラキオンにタイマンで2回の試行回数を与えることになります。


(Ⅰ)対火力強化なしテラキオン
ストーンエッジの被ダメージ:60~72
インファイトの被ダメージ:36~42
ジュエルインファイトの被ダメージ:54~63

そのため、ポイズンヒールの回復量を考えると守るを途中に挟まずとも3耐えを実現します。
テラキオンが火力強化アイテムを持たない場合グライオンで後出しから処理することができます。


(Ⅱ)対珠テラキオン
ストーンエッジの被ダメージ:78~94
インファイトの被ダメージ:47~55

火力強化により、ただ後出しから地面技を連打しているとストーンエッジ3耐えしません。

テラキオンのHP:167
地震の与ダメージ:120~144
地均しの与ダメージ:72~86
テラキオンの珠ダメージ:17
テラキオンの身代わり消費:41

素直に相手がインファイトを撃ってきた場合は下降補正により地震で倒すことができます。
 
ⅰ)交代読みストーンエッジ
 お互いにストーンエッジと地震を撃ち合いした場合、珠ダメージにより相討ちになります。ただしテラキオンは3回ストーンエッジを当てる必要性が生じてきます。

ⅱ)交代読み身代わり
 ストーンエッジの被ダメージを見れば分かるように、ポイズンヒール回復量込みでグライオンの勝ちです。

ⅲ)交代読み剣の舞
 ストーンエッジにより31.3%の乱数でグライオンが落ちてしまいます。そのため、グライオンが1発耐えた場合でもテラキオンは最大で23、少なくとも1のHPを残した状態でグライオンに勝つことができます。


(Ⅲ)対岩ジュエルテラキオン
ジュエルストーンエッジの被ダメージ:90~106
ストーンエッジの被ダメージ:60~72
インファイトの被ダメージ:36~42

 相手がストーンエッジを連打してきた場合は守るを一回挟めば勝てる計算です。
 相手が剣の舞をしてきたらもう無理。対策を他で練る必要があります。


(Ⅳ)対鉢巻テラキオン
ストーンエッジの被ダメージ:90~106
インファイトの被ダメージ:54~63

 相手がストーンエッジを撃ってきた場合のみ考察。一回守るを挟むと2耐えを実現します。しかし、地震を1回当てることしかできません。


【対テラキオン結論】

 このようにやはり対テラキオンは厳しいことが分かります。そのため、グライオン+後続でテラキオンを処理せざるを得ない場面も多いことから、試行回数確保と素早さ補助をかねる地均しを推奨します。

 ただし、地ならしのデメリットとしてヒードランを落とすことができないというものもありますので、そこは少し検討の余地があります。


【対テラキオンを考えたときの参考リスク指標】

ストーンエッジが3発当たる確率は51.2%
全て被弾した場合ストーンエッジが急所に一回でも当たる確率は17.6%




長文すぎて読むのも疲れたと思うので、今日はここでおしまいにします。
→書くのも疲れたなんて言えない

れいとうパンチで八百長相撲するハリテヤマ


 相撲と言えば、八百長が付き物です。今日は、そんな八百長力士の育成論です。

297.gif297.gif297.gif

 ハリテヤマさんです。ハリテヤマは特性の厚い脂肪のおかげで通常の格闘と異なり炎と氷に役割が持てます。


【役割もてそう】

485.gifi_shandera.gif038.gif091.gif460.gif
637_20120102171007.gifバンギラス113.gif233.gif598.gif

→ウルガモスに強いのは有名ですが、肝心のウルガモスが動きづらい環境なのがなんとも。

とりあえず、バンギラスに強い格闘タイプであることとパルシェンに対して強いのはアドバンテージかと思います。


【ごり押しされそうだが、技構成かつ偶発対面ならワンチャン】

257.gifガブリアスハッサムボルトロス149.gif

 それぞれ、地震・冷凍パンチ・炎のパンチなどの八百長サブウエポンによっては相手ができるかもしれないポケモンです。


【あ き ら め ろ】

245.gif376.gif202.gifエアームド
ブルンゲル♀
472.gif080.gif488.gif
 
 こいつらは間違いなく釣れます。どくどくが刺さるポケモンも多いので搭載する手もありかもしれないです。


【技構成】

必須技:インファイト
選択技:ストーンエッジ(いわなだれ)/じしん/れいとうパンチ/どくどく
先制技:しんくうは/バレットパンチ

【努力値】

 性格は意地っ張りにしましょう。配分効率がいいです。A204振りからパルシェンがインファイトで落ちます。ただし、交代際に殻を破ってくれれば、無振りでも倒すことができますし、氷柱二発を耐えることができるので、後出しからインファイト→真空波でパルシェンを相手にすることができます。

 また耐久の最低ラインは、H28D252。このように調整することでウルガモスの1舞大文字を2回耐えることができるので安泰になります。このラインでその他の特殊炎にアドバンテージが取れます。 

 残りの努力値は、攻撃か防御にぶっぱするのがいいと思います。なぜなら、種族値が足りないからです。

 配分例①
 努力値:28-228-0-0-252-0
 実数値:223-185-80-54-112-70

 配分例②
 努力値:28-0-228-0-252-0
 実数値:223-154-109-54-112-70


【持ち物】
 
 候補は二択。

 オボンのみ:単純な試行回数の確保。1回繰り出し回数が増える可能性があるのでやはり優秀な持ち物です。

 ラムのみ:ガッサにドヤ顔。配分例①ならインファ+バレパンでテンプレガッサを高乱数だが、相手が後出ししてこない限り厳しい。単純に焼けるのを防ぐ意味合いが強いです。


【結論】

 というわけで、パルシェンに強い格闘が欲しいというときにコバルオンやルカリオと異なるベクトルで採用するという可能性は十二分にあると思います。
 
 ただし、やはり種族値不足ということもあるので、ローブシン・バシャーモのような汎用性はやはりないです。どうしてもというときのオプションということで選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。ランダムフリーでは十分水準以上の働きをしてくれます。


【まとめ】

 朝青龍のしんくうは!
900cd427.jpg

ポン・デ・リングに煽られて

ブルンゲル♀ブルンゲル♀ブルンゲル♀


 今日はブルンゲルの紹介です。 そういえば、ポン・デ・リングは自宅で再現できるらしいです。このページをご覧になると分かると思います。

ブルンゲル♀ブルンゲル♀ブルンゲル♀


 ブルンゲルの最大の強みはいま沸いてるバシャーモ(シャドークローなんて知らない)や火炎玉ローブシン(しっぺ採用されてなければね)を完全に止めきることができることです。また、自己再生連打で呪われボディの発動待ちを狙えるなど非常に優秀なポケモンである一方、環境の最前線であるバンギラスに弱いなどの欠点も抱えており現環境で活躍させてあげるのは案外難しいポケモンです。ランクルス同様、「入ってくる構築」というのがピンポイントで存在する感じかもしれません。

ブルンゲル♀<配分例その1です。

性格:ずぶとい
努力値:244-xx-236-0-0-28
実数値:206-xx-132-105-125-84
持ち物:食べ残し

 いわゆる「ガーネットブルンゲル」。詳しくはこの記事参照です。身内のおこのみさんも愛用しているみたい。
 対バシャーモ性能は珠持ちだと高乱数2発なものの、格闘ジュエルバシャーモなら確定3発で回復が間に合う計算です。
 また、対パルシェンにおいて1破りジュエルめざ草を96.7%で耐えてしまうのもヤドランと違って優秀な点です。

 このブルンゲルの技構成は、ガーネットが上げたように、熱湯/シャドーボール/挑発/自己再生@食べ残しが最も安定すると思います。このブルンゲルを使えばブルンゲルの強さが分かるかも知れません。


ブルンゲル♀ブルンゲル♀<そして配分例その2。

性格:ずぶとい
努力値:228-xx-100-0-0-180
実数値:204-xx-113-105-125-103
持ち物:ラムの実

 個人的には一番消えて欲しいブルンゲルですww
 環境につぶされろwww てか物理耐久足りないでしょそれwww
→シングル厨でこのブルンゲルにやられたのは誰だ、、、、俺だ。

 採用の意図は明確にして単純。ラッキーに対して先制で挑発が打てるということです。先ほどのガーネットのあげた特殊耐久ラインはほぼ確保できているのがわかります。受けループ対策に一匹仕込んでおくだけで相手は非常に困ること間違いなしです。一応バンギの噛み砕くは耐えてくれるみたいです。

 技構成は上と同じで問題ないでしょう。一貫性があるシャドーボールの採用は個人的に推したいところです。


ブルンゲル♀ブルンゲル♀ブルンゲル♀<配分例その3。

 性格:おだやか
 努力値:220-xx-164-4-100-12
 実数値:203-xx-111-106-151-83

 キングドラを止めることができるようになるため、雨パのストッパーとして機能します。もちろんバシャーモに対して有利に立ち回れる点も評価○です。参考までにパルシェンの1破りロックブラストを耐える程度の物理耐久が確保されていることを敷衍しておきます。

 たとえば、受けループにおいてスイクンを相手にしたい場合特性「貯水」も候補に入る可能性があります。受けループに採用する場合ヤドランと同時採用は難しいので再生力の恩恵にあずかれないのは残念ではあります。

 この配分の場合、シャドーボールを切って溶けるを選択するのも全然ありでしょう。いわゆる溶けるブルンです。持ち物は残飯かオボン。本来は起点にされかねないハッサムにも優位に立ちまわれます。(挑発の使いどころでカバーできるかも)
 ちなみにAぶっぱ鉢巻カイリューに対しては1積みでも乱数。気をつけましょう。


ブルンゲル♀ブルンゲル♀ブルンゲル♀


 というわけで、基本スペックは流行りのバシャーモやパルシェン、ローブシンを止めることができるブルンゲルは環境に刺さっているように思います。ただし、対物理汎用として物理受けをブルンゲルに任せることは危険ですし、対雨を一任するのもなかなか難しいかもしれませんので、仮想敵をしっかり絞ってあげる必要がありそうです。

 自分も主に受けループを使っているので、現在のヤドラン・ドクロッグ枠としてブルンゲルの採用に至るかもしれません。もう少し具体的な立ち回りを煮詰めていきたいのと同時に、いい配分例が出来次第、運用してみたいと思います。

 あと・・・

♂のブルンゲルはあり得ないwww

ニコ生大会ログ

 ヒデキです。今日はココーさんとりぱぁさん主催のココトリ杯という大会に出てきました。
 パーティはいつもの。

【1回戦:不憫な子さん】

バンギラスガブリアスラティオスハッサムウォッシュロトムローブシン


当方選出:ドクロッグ ヒードラン パルシェン
相手選出:ラティオス バンギラス ガブリアス

初手にラティオスにドクロッグがスカーフをもらう。交換読みでバンギラスとヒードラン対面したもののステロを撒き、ヒードランを起点に209ガブが身代わりを積んできたので、剣の舞のタイミングでパルシェンを無償降臨しそのままパルシェンで3タテ。



【2回戦:バンギラス平野さん】
バンギラスガブリアスラティオスハッサムウォッシュロトム257.gif

当方選出:パルシェン グライオン ドクロッグ
相手選出:ガブリアス ロトム水 バシャーモ

 初手はパルシェンとガブリアスの対面。予想通り水ロトムが来るのでロトムに毒を刺す。グライオンを出したところ、なんとドロポン。ここで相手が外したのが大きかったです。さらに、交代で出てきたガブリアスにギロチンが当たる運命力。バシャーモがしんどい選出でしたが、フレアドライブの反動ダメージを利用しパルシェンとドクロッグ捨てで何とか突破。残りのロトムを毒毒ダメージで落としたものの、ねむかごロトムだったので眠るターンでギロチンを当て勝利。クソゲーですいません。


【3回戦:ラムラムさん】
ニョロトノ230.gifボルトロス376_20120210192719.gifキノガッサ091.gif


当方選出:ドクロッグ ラッキー ヤドラン
相手選出:ボルトロス キノガッサ メタグロス

初手はボルトロスとドクロッグの対面。ラッキーを出して回していきますが、ガッサに起点にされていきます。キノガッサのタネマシンガンを4発もらいドクロッグが落ちた時点で勝ち筋なしと判断し降参。


【まとめ】

 相手が雨パでカモと思ってしまったのが反省です。相手は相手が選出したポケモン以外出しづらいのだからガッサに厚い選出にするべきでした。キノガッサが気合いパンチ搭載でドクロッグで縛れなかったのが非常に大きかったです。雨パに対してもヒードランを積極的に選出できるようになりたいです。

 対戦相手の方々および、主催者のココーさん、りぱぁさんに厚く御礼の言葉を申し上げてログを終えます。
 しばらくは大会やめようかな。

2011年12月期ランダムレート環境調査

 ランダムの環境調査です。標本は2011年12月にランダムレートで出会った481パーティを使用しました。標本調査に協力していただいた方々に御礼の言葉を述べつつ、集計したKPを公開していきます。

                    2011-11-12.jpg



ラティオス+ ハッサム


 やはり、ラティハッサム全盛。優秀な相性補完に高種族値ということもありこれからも様々な環境の中心に組み込まれ活躍していくでしょう。


376_20120210192719.gif


 また、「グロス消えたな」という声もありますが、まだ相当数存在しているので対策はまだまだ必須でしょう。



【高レートのパーティ】
 
 レート:1895

アグノム547.gif462.gif202.gif257_20120114192505.gif426.gif

 いわゆる、エルフライドの形。エルフーンの置き土産退場から、フワライドでみがわり小さくなるバトンを行い全抜きを目指します。このパーティの場合、アグノムは補助型ではなく、悪だくみエースとしての起用もあり得ます。 

 基本的なエルフライドの対策としては「必中技で攻撃技を当てる」・「滅びの歌でバトンを許さない」などが考えられます。そのどちらも効率よく採用できる雨パは霰パはバシャーモやソーナンスの存在により縛らています。エルフライド+バシャーモは考察の価値がありそうです。


 レート:1880

カバルドン530.gifラティオスハッサムキノガッサ245.gif

 カバドリラティハッサムにラスト2枠をガッサとスイクンをねじ込んだ形。カバドリュラティハッサムの形は様々なところで考察されているのでわざわざここで述べる必要もないでしょう。



 第一回ですので、前回と比較した傾向を述べることができないので、このくらいにしておきます。
 うんこみたいに薄っぺらい記事になってすいません。

ニコ生大会ログ

 ヒデキです。ジャイアン@400円さん主催のニコ生のチーム対抗戦に出てきましたので、ログを記載しておきます。

 パーティは先日のシングル厨と同じ受けループを使用しました。


【1回戦:キッスオーガさん】

キノガッサ230.gifハッサムニョロトノ149.gif091.gif

当方選出:ヒードラン ラッキー ドクロッグ
相手選出:カイリュー ニョロトノ ハッサム

 ハッサムが確実に来ると思ったので(ガッサにも強く、地震がなければカイリューにも圧倒できることからも)、ヒードランを強引に選出しました。相手はカイリューを選出してきました。初手は地震の有無を確認のためまもるを選択。相手はニョロトノを出してきたのでラッキーに交換。ニョロトノの引き際に毒毒をカイリューに刺しました。その後、毒ダメージと珠ダメージの蓄積で珠カイリューを処理。ニョロトノがスカーフだったためハイドロポンプ固定しドクロッグの積み起点にして残り二匹をドレインパンチで処理しました。

結果:勝ち


【2回戦:もうふさん】

460.gif365.gif149.gifガブリアス376_20120210192719.gif257.gif

当方選出:パルシェン ヤドラン ヒードラン
相手選出:ユキノオー カイリュー バシャーモ

 ユキトド警戒したため、初手にユキノオー対面で強引に毒菱を撒いてしまいパルシェンが落ちる。二手目にカイリューが出てきたので先ほど同様に毒で強引に落としにかかるが竜舞瓦割をもらう。ヒードランが死にかけたが、一舞ジュエル逆鱗をヤドランが一回受けて何とかカイリューを突破。ヒードランが存命だったため恐らく襷ののユキノオーを毒(まもる)+火炎放射で突破。ラスト1匹のバシャーモも残りHP70のヤドランが飛び膝蹴りを耐えてくれたので、サイキネで突破。なんとか初手のプレミをカバーし勝利。ヤドランマジイケメン。

結果:勝ち



【3回戦:フォルテさん】

カバルドン530.gif245.gif485.gif598.gifラティオス


当方選出:パルシェン ドクロッグ グライオン
相手選出:ラティオス スイクン ドリュウズ

 初手はパルシェンとラティオスの対面。しかし、ひっこめられてスイクンを出されてしまいます。ここでドクロッグを合わせるもドリュウズがきました。あれ?PT割れてる?? また、グライオン交換読みでドリュウズが来るなどいいようにやられます。重要な択ゲーを何度も失敗したのは痛いです。
 しかし、瞑想ノイクンに対して身代わりを残した状態でドクロッグとの泥試合の様相。ドレインパンチのPPが0になる寸前にスイクンを突破。残りのドリュウズに不意打ちを入れた時点で相手は降参。

結果:勝ち
BV:30 44234 65557



と、3勝0敗だったのですが、先鋒中堅で負けてしまいここでリタイア。
と寝ようとしたところ、主催者さんのジャイアン@400円さんがフレ戦を申し込んできましたwww


【エキシビジョンマッチ:ジャイアン@400円さん】

カバルドン530.gifラティオスハッサム245_20120206082709.gifボルトロス

当方選出:パルシェン ドクロッグ グライオン
相手選出:ラティオス スイクン ?

 ラティオスとパルシェンの対面からスイクンドクロッグの対面でドクロッグが積んだところまでは良かったのですが、スイクンがれいとうビーム持ちで、なおかつ低乱数を引いてしまい万事休す。



最後に即席チームですが、何かのご縁があって仲間になった、もっかんと空ちゃんは俺の物////さん、ネギさんありがとうございました。そして対戦相手の方々、大規模な大会運営を最後まで行ってくれたジャイアン@400円さん、ありがとうございました。

最近のローブシンは良く焼ける

 最近ローブシンが後出しで来ると必ず燃えますね。必ずと言っていいほど燃えます。そして色が燃えてます。

20110708202407bee.gif

 あれ?ローブシンって普通はこんな色じゃありませんでしたっけ?

ローブシン

 火炎玉を持ったせいで赤くなってしまったのでしょうか。真偽のほどは不明ですが、そういった情報がありましたらご一報ください。

 2011年のローブシン出現割合:15.7%
 2012年のローブシン出現割合:16.9%

 出現率はあまり変わらないですね。しかし、ローブシンは環境の中心にいると言っていいポケモンであり、ランダムレートKPの堂々第9位につけています。


【燃えるローブシン】

20110708202407bee.gif20110708202407bee.gif20110708202407bee.gif

 火炎玉ローブシンは通常のビルドアップローブシンと異なり仮想敵も若干異なりますので、当然配分も変わります。もはや火炎玉ローブシンが通常のローブシンになっていますがwww

 火炎玉を持たせることにより、空元気というサブウエポンを習得しました。このサブウエポンがあるので物理受け最高峰のHB特化ヤドランも中乱数2発となってしまい、強引に突破するチャンスが生まれます。本来強いカバドリュにさらに強くなっているのも○。



【配分例(努力値/実数値)】

①  4-244-228-xx-4-28/181-210-144-xx-86-69
①´ 20-244-212-xx-4-28/183-210-142-xx-86-69

 本来の砂パに強いというローブシンの性質を生かして4振りカバルドン抜きに素早さを調整して残りをAとBに振り分けるのがテンプレ。どうせ消耗が激しいので攻撃を最大限に振り物理受けも強引に突破していくのが良いでしょう。たぶんこれが一番強いと思います。


【格闘枠について】

 パーティに格闘枠を採用することがもはや一般的となっていますが、最近増えてる(どうやって増えたのか知らんが)のがこいつ。

257.gif

 2011年のバシャーモ出現割合:9.1%
 2012年のバシャーモ出現割合:9.5%

 実際そうでもなかったですね^^;
 こいつ一匹でトノグドラ納豆処理できるとか頭おかしい。雨パ完全に息してない。

 少なくともシングル厨ではバシャーモが大流行したので、今後レーティング環境にどう影響を与えたのは注視していきたいと思います。

相互リンク追加

PT構築はお好みで!

 こちらはガーネットのリア友で、シングル厨にも参加していたおこのみさんのブログ。今回はステロマンムーを率いベスト8の好成績を残しています。確実に今後伸びるブログだと思ってます(キリッ



ね.るのブログ

 シングル厨のオフで知り合ったねるさん。実はすでに相互リンクしていたドナドニアさんともリンクをつないでいたということが後から分かりました。なんという運命なのでしょう。シングル厨ではバンギグライ軸のセミ受けループを使用していました。

 お二方、これからもよろしくお願いします。

第20回シングル厨の集い 対戦ログ

ガーネットです。遅くなってしまいましたが続いて対戦ログ編。ターン毎の詳細メモを取らなかったので、とても簡易なものとなりますがご了承下さい。ちなみに私は律ブロックに入りました。


【第一回戦 しみずさん】 ×

バンギラス ガブリアス エルフーン スターミー ウルガモス 水ロトム

自分選出 カバルドン バシャーモ ハッサム
相手選出 水ロトム  バンギラス ガブリアス

いきなりの選出負け。あわててハッサムを後出しするも、ハイドロ×2+麻痺もらい蜻蛉する頃には文字通り虫の息に。バシャでロトムを突破し、ガブの地震をカバで受け、欠伸ループで出てきたバンギが眠る。バンギをバシャで落とし、残りのガブもと思った矢先に膝外して負け。最後膝+バレパンが当たっていたら勝っていた試合でした…。


【第二回戦 なかにわさん】 ×

パルシェン ウルガモス ナットレイ テラキオン カイリュー チャーレム

自分選出 カバルドン バシャーモ ボルトロス
相手選出 チャーレム ウルガモス カイリュー

初手カバにスカーフを押しつけられ、その後バシャとカイリューが偶発対峙。カバに戻し、吠える連打でちまちま削る。しかし結局カバはチャーレムに落とされ、ウルガモスの暴風がバシャにヒットしジエンド。カバからバシャ、ボルトになかなかチェンジ出来ず歯がゆい展開となりました。カイリュー来るのはわかってたんだからパルシェン選出するべきだった…。


【第三回戦 マジシャンさん】 ○

ユキノオー オノノクス バシャーモ サンダー ハッサム スイクン

自分選出 ボルトロス カバルドン バシャーモ
相手選出 サンダー  スイクン  オノノクス

カバルドンに替えてボルチェンかわす。ステロ撒いたらスイクンわこつ。様子見で吠えようとしたら冷Bで凍ってしまう() そのままカバには倒れてもらい、死に出しボルトでスイクン突破。出てきたスカーフオノノクスのダブチョでボルトが落ちるが最後のバシャがギリギリ耐えて膝で突破、ステロ入ったサンダーもフレドラで落として勝ち。


【第四回戦 えささん】 ○

ファイヤー キングドラ ライコウ キノガッサ ハッサム ニョロトノ

自分選出 ボルトロス カバルドン バシャーモ
相手選出 ライコウ  ニョロトノ キングドラ

初手カバルドンに交替、そしたらニョロトノ出てきて地震で半分弱減る。その後はボルトロスを犠牲にしつつバシャでトノグドラを単独で突破、残ったライコウをカバで落として勝ち。


【第五回戦 shineさん】 ○

キュウコン クレセリア ランドロス コバルオン ボルトロス カイリュー

自分選出 ラティオス カバルドン バシャーモ
相手選出 ボルトロス キュウコン クレセリア

ラティにいきなり電磁波を撒かれるも流星群で突破する。出てきた毒みがまもキュウコンをカバで吠えるとクレセリア。うまくラティとクレセを対面させ、トリックを決めて冷Bで落ちてもらう。あとはバシャを出して剣舞、そのままクレセリアとキュウコンを倒して勝ち。


【第六回戦 みずきさん】 ×

バンギラス ドリュウズ ラティオス 水ロトム ヒードラン ソーナンス

自分選出 ハッサム  ラティオス カバルドン
相手選出 ヒードラン 水ロトム  ラティオス


完全に選出負け。風船壊したかったがチキってカバルドンにチェンジすると波動。ここで何故か水ロトムが来ると思いラティにチェンジすると毒を撒かれる。これが痛かった;;守るによる拘り固定、毒の蓄積でドランと水ロトムにいいように回され、最後はラティにタテられて負け。


【第七回戦 ボンゴレさん】 ×

バンギラス ガブリアス ブルンゲル メタグロス ユキノオー バシャーモ

自分選出 ボルトロス ハッサム  カバルドン
相手選出 ユキノオー ブルンゲル バシャーモ

ハッサムに替えると吹雪が急所に当たってしまう。このままではノオーにもう一度後出し出来ないので羽休めするとブルンゲル。鬼火をもらい、ボルトに替えて10万で落とす。ノオーが来たのでもう一度ハッサムに替え、羽休めするとバシャーモ。カバで受けようとすると珠文字2発+火傷で落ちてしまう。ボルトの身代わり+ハッサムのバレパンで粘ってバシャ突破するも、ラス1ノオーのめざ炎で詰み。


【第八回戦 スカーフさん】 ×

ユキノオー バンギラス 水ロトム ドリュウズ クレセリア ガブリアス

自分選出 ハッサム  ラティオス カバルドン
相手選出 バンギラス ドリュウズ

蜻蛉+流星で落としにかかるも、ハッサムが火傷を引きプランが崩れる。渋々カバを出し、水ロトム読みでラティを繰り出すも冷Bが飛んでくる() あわててカバに替えバンギを突破するも、ドリュウズにタテられて負け。とっても酷い立ち回りをした試合でした;;


【第九回戦 だいあんさん】 ×

カバルドン ドリュウズ ラティオス ハッサム スイクン バシャーモ

自分選出 ラティオス カバルドン バシャーモ
相手選出 カバルドン ラティオス

流星群が外れ、欠伸をもらう。居座ってもう一度流星打つも、耐えられ眠ってしまい、この時点でほぼ詰み。バシャで強引に突破しようとするも吠えられ万事休す。最後はラティにタテられて負け。


選出合計

カバルドン  ■■■■■■■■■  9/9
バシャーモ  ■■■■■■    6/9
ラティオス  ■■■■     4/9
ハッサム   ■■■■     4/9
パルシェン          0/9
ボルトロス  ■■■      3/9

カバルドンが見事皆勤賞。パルシェンは(ry


シングル厨の集い、もといポケモンのオフ会への参加は今回が初めてであり、なおかつ極度の人見知りである私であるが故に正直非常に不安でいっぱいでしたが、参加者全員がとても友好的で、快適に試合をさせて頂くことが出来ました。次回以降参加しようか迷っている方は、是非とも会場に足を運んでみることをお勧めします。
最後に、会場やそれまでの道のりでお世話になったキツネの社勢の皆さん、無理を言って前日に家に泊めさせてもらったおこのみさん、シングル厨参加を提案してくれたヒデキさん、そしてこのような素晴らしいオフ会を企画してくれたトルンさん、本当にありがとうございました。機会があれば次回以降も参加していきたいと思います。

第20回シングル厨の集い 使用パーティ解説

トルンさんが主催している第20回シングル厨の集いに、ヒデキとともに参加させていただきました。結果は3勝6敗で予選落ちと納得のできる結果は残すことは出来ませんでしたが、今後への反省材料を抽出するためにもPTの解説と対戦ログをここに残しておきたいと思います。まずは使用PT解説からどうぞ。



カバルドン257_20120114192505.gifラティオスハッサム091.gifボルトロス





直前まで悩みましたが、今回はカバ単PTを使いました。普段から何度も回していたバシャーモ入りカバドリから派生したPTであり、カバで起点を作っていかに他の二匹で全抜きするかがコンセプトとなります。味方一体が倒されても後続がその相手を起点にして舞う、といったように、どのような局面からでも全抜き体勢を狙えるように組んだため、攻撃的なPTとなりました。ドリュウズを外してしまった理由は後述します。以下個別解説です。



カバルドン

カバルドン

性格  腕白

技   地震 ステルスロック 欠伸 吠える

持ち物 オボンの実

実数値 212-132-162-××-118-67

テンプレカバルドン。指数受けと起点作りを兼任できる頼もしい存在。PTに低耐久が揃っており後出ししていきたい場面が多いのでオボンの実。スターミー、スイクン等の居座ってくる敵が鬱陶しいので吠えるも切れませんでした。実際の試合では他のポケモンのクッションになることが多く、腐ることはほぼなかったかと思います。後で気づきましたがなんと9戦皆勤賞。



バシャーモ

257_20120114192505.gif

性格  陽気(使用した個体はせっかち)

技   飛び膝蹴り フレアドライブ 剣の舞 身代わり

持ち物 格闘ジュエル

実数値 155-172-91-××-90-145

このPTのエースであり今回最も活躍したポケモンです。今大会で勝ち取った3勝はこいつのお陰と言っても過言ではないでしょう。一度舞ってしまえばジュエル飛び膝でカバルドン、ラティオス等を落とすほどの火力。現在KP最上位をキープしているラティハッサムや止めにくい天候に強く、今後もトップメタとしてその数が増えることが予想されます(今回のシングル厨ではガブリアスを差し置いてKP5位でした)。当然ヤドラン、ブルンゲル等の耐久水を呼ぶのでバックアップが必要です。今回はボルトロスにその役割を任せました。



ラティオス

ラティオス

性格  臆病

技   流星群 竜の波動 波乗り トリック

持ち物 拘り眼鏡

実数値 155-××-101-182-130-178

圧倒的な上からの打点とトリックによる起点作り。トリックで技を縛り、バシャでタテるといった流れを1試合だけ作ることができました。しかしながら立ち回りが繊細な分、何度か繰り出すうちに砂や毒などの定数ダメで過労死してしまう面があったことは反省すべき点です。


ハッサム

ハッサム

性格  生意気

技   蜻蛉返り バレットパンチ 剣の舞 羽休め

持ち物 オッカの実

実数値 177-151-133-××-132-63

竜へのクッション、後続を出来るだけ無償降臨させるために採用。カバの欠伸ループ、ミラー意識で最遅で使っています。今回使ってて思ったことは、自分のハッサムの立ち回り方が下手だったこと() 実際ハッサムを選出した試合はほとんど負けを喫しています。特に後先の消耗戦も考えずに強引に後出ししにいっては終盤に繰り出せなくなってしまったことが何度もあり、この点は早急に改善をしていかなければならない課題となりました。


パルシェン

091.gif

性格  無邪気

技   氷柱針 ハイドロポンプ 目覚めるパワー(草) 殻を破る

持ち物 草のジュエル

実数値 127-121-201-149-58-115

破った後ヤドラン、水ロトムで止まらないためにめざ草搭載。本来、バシャーモに次ぐ抜きエースとして期待していたのですが、なんと9戦中一度も選出できず……。理由としては、パルシェン自体今までほとんど回したことが事がなかったから() こいつを評価してPTに組み込んだのは、つい最近の事でした。もう少しこのPTで実戦経験を積んでいればより多く選出できたかもしれない…と、言い訳してみる。今思えば、バシャーモの天敵であるカイリュー入りのPTに対して選出出来ていたかもしれません。


ボルトロス

ボルトロス

性格  臆病

技   10万ボルト 気合玉 目覚めるパワー(氷) 身代わり

持ち物 命の珠

実数値 155-××-90-177-100-179

バシャ、パルシェンが呼ぶポケモンを効率よく狩るために採用。このPTの中では最も初速度のあるポケモンだと思います。また、バンギラス+ヤドランのような組み合わせを一匹で見れることを評価して採用したのですが、選出は多いものの、あまり活躍の場はなかったかと思います。短命であり、すぐにカイリューの神速圏内に入ってしまう点も気がかりでした。


【総評】

ドリュウズをPTから抜いてしまったことを最も後悔しています。元来はパルシェンの枠をドリュウズにして回していたのですが、バシャーモとドリュウズの仮想敵が被ってしまう点と、なおかつバシャーモは単体で選出しやすく、単体で全抜き体勢に持っていきやすいといった理由から、迷った挙句にドリュウズを解雇し、多くの物理技を起点にできるパルシェンを採用しました。しかしながらこれが結果的に裏目に出たわけであり、カバドリという完成された構築が本来持っている圧倒的な縛り性能を失ってしまい、実際に相手の選出を縛る事は出来ていませんでした。バシャーモ、パルシェン共に初速度が足りず、結果論ではありますが、予選を戦ってみてドリュウズを採用していれば勝てた試合があったかもしれないのは事実です。シングル厨参加者の中にも、カバドリにバシャーモを組み込んでいるPTはいくつも見受けられました。
結局ドリュウズを連れていけばよかった、というオチですね。


対戦ログの方は後日まとめていこうと思います。

第20回 シングル厨の集い② byヒデキ

 残りの分のログ更新をしてしまいます。

【第六回戦 くろうささん】
ニョロトノ230.gifサクラビスラティオスキノガッサローブシン

 今回あまり見掛けなかった雨パです。サクラビスもKP低かったのでは?

当方選出:ドクロッグ・パルシェン・ヤドラン
相手選出:ローブシン・ニョロトノ・キングドラ

 素直にトノグドラを選出してきました。ローブシンをタイマンで突破した後、キングドラの流星群をパルシェンとヤドラン捨て気味にクッションにしつつドクロッグで3体突破しました。

結果:勝ち


【第七回戦 なつめさん】
ガブリアスラティオスハッサムバンギラス245_20120206082709.gif257.gif

 理詰めで一手一手に根拠を持たせるなつめさんとの一戦。今大会のベストゲームで盛り上がったので、許可を戴いてバトルビデオを撮らせていただきました。お互いの口プなど場外戦も盛り上がりました。

当方選出:ドクロッグ・パルシェン・ヤドラン
相手選出:バシャーモ・ハッサム・バンギラス

 一つ言えるのはドクロッグが神がかっていたことです。竜2匹のせいでパルシェンを選出せざるを得なく、対ハッサムが非常にゲロかったのですが、とんぼ返りで剣の舞をいったん解除出来たことは大きかったです。こうしてみると明らかに選出負けしてるwww

バトルビデオ:94 17639 90493

結果:勝ち


【第八回戦 しんめーさん】
ブルンゲル♀カバルドンハッサム637_20120102171007.gif149.gifラティオス

 カバ単構築でした。エースが多くやはりこちらの選出も縛られました。

当方選出:パルシェン・グライオン・ラッキー
相手選出:カバルドン・ブルンゲル・ハッサム

 初手カバルドンとパルシェンが対峙した時に、交換読み毒毒でブルンゲルに毒を盛れたのが勝因。あとはグライオンでまもみがしつつギロチンの試行回数を稼ぎ取り巻きを処理しました。ほのおのキバを呪われてハッサムを出されたので、危うかった試合でした。

結果:勝ち


【予選最終戦 Shiroさん】
カバルドン530.gifラティオスハッサム091.gifボルトロス

 予選突破の命運を握る最終戦です。

当方選出:パルシェン・ヤドラン・グライオン
相手選出:ラティオス・カバルドン・ボルトロス

 ラティオスをパルシェンのつららばりで落とした後、カバルドンをつららばりで半分削る。吠えられてグライオンが出たところ、交換出しでボルトロスの登場。相手はグライオン死に出しからのパルシェンのつららばりで一貫性が生じてしまい勝ち筋なしと判断し、ここで投了。

結果:勝ち


【決勝トーナメント1回戦 ゼフロスさん】
カバルドン530.gifラティオスハッサムブルンゲル♀257.gif

 ブルンゲルいりのカバドリュ。ブルンゲルに如何に毒を撒くかという予選の再現を目指します。

当方選出:パルシェン・ヤドラン・グライオン
相手選出:カバルドン・ドリュウズ・ブルンゲル

 初手のカバルドンに対して交換読みで毒毒を。ここは毒菱でよかったかもです。カバルドンが吠えグライオンが出たところでブルンゲル降臨。あとはいいようにやられました。ブルンゲルの持ち物はラムかつラッキー抜きというメタっぷりで最初から勝ち目が薄かったです。また、ドリュウズに恩返しが搭載されており、グライオンで止まりませんでした。お見事。

結果:負け



 最後まで読んでいただきありがとうございました。これでシングル厨関連の僕の記事はおしまいです。ガーネットの兄貴も書いてくれるそうなので僕も楽しみにしています。
 
 さいごに、パーティ鑑定と改築に付き合ってくれたロジユニさん、直前でパルシェン毒二刀搭載とリンドヤドラン()に替える相談をしてくれたガーネットさん、一緒に会場まで連れて行ってくれたコストさん、野良試合の対戦者方々、ならびに主催者のトルンさんに感謝の言葉を述べて筆のほうをおかせていただきます。

第20回 シングル厨のつどい① byヒデキ

 今回のシングル厨オフのログをおいてきます。対戦数が多かったので5戦ずつ、前篇後篇に分けます。


 使用パーティは別記事に書きましたがこちら。
113.gif472.gif080.gif485.gif454.gif091.gif

 覚え方は、「ラキグライドランドランち○こま○こ」です。皆さんも言ってみましょう。

ラキグライドランドランちん○まん

 はい。良くできました。


【第一回戦 オレオさん】

カバルドン530.gifラティオスハッサム257.gifボルトロス

 カバドリュに加えてラティハッサム、さらにはバシャーモボルトロスという超攻撃的なカバドリ。
 
当方選出:パルシェン・グライオン・ヒードラン
相手選出:カバルオン・ボルトロス・ラティオス

 初手にパルシェンがつららばりで、カバルドンを半分削ったところで、カバルドンが吠える、都合良くグライオンがでてきたところ、ギロチンが刺さる。後続の二匹は死に出しからのスカパル復帰で刈ることができました。ボルトロスの電磁波が怖かったので有無をヒードランで確認。

結果:勝ち


【第二回戦 キツネさん】

バンギラス472.gif091.gifローブシン121.gif598.gif

 使いやすい乱数ツールの作製を始め、九尾杯などの大会を積極的に開催されている方との対戦です。

当方選出:パルシェン・ヤドラン・ドクロッグ
相手選出:ローブシン・スターミー・パルシェン

 初手のローブシンがパルシェンに火炎玉を投げつけてきたため、対グライオンが危うかったのですがどうやらいなかったようです。スターミーが怖いので毒びしを撒いてドクロッグで有利に展開していきました。スターミーの技構成が「熱湯/ちいさくなる/みがわり/再生」だったため、ドクロッグで積み投了。パルシェンはスカーフだったため、ヤドランで止まりました。

結果:勝ち


【第三回戦 トルンさん】

546.gif637.gif257.gif149.gif091.gif549.gif

 自演準優勝の主催者。100人という大所帯をまとめ上げた姿は敬服いたします。

当方選出:パルシェン・ヤドラン・ラッキー
相手選出:モンメン・バシャーモ・(ドレディア)

 ヤドランでバシャーモが止められなかったのが全てです。シャドークロー急所がなければ結果はまた違ったものになると信じています()
 
 直接対決で負けたため勝ち数は同じだったものの一位で予選を通過できませんでした。

結果:負け


【第四戦 にゃん太さん】
488.gif485.gifローブシン473.gif149.gif479b.gif

あの、勝海さんが敬語でしゃべる程の威圧感のある相手。

当方選出:パルシェン・ラッキー・ヤドラン
相手選出:マンムー・ロトム水・カイリュー

 初手で交換読みでロトム水に毒毒を仕込むことができました。ステロも撒くことができ、無事にサイクル戦に持ち込めそうでしたが、カイリューに舞われ万事休す。ヤドランがゴツメであればまだ分からない試合でした。素直にヒードランでよかったかもしれません。

結果:負け


【第五回戦 わふおさん】

カバルドン530.gifラティオスハッサム149.gif257.gif

 またしても攻撃的カバドリ。素直に刺さっているポケモンを選出することに。

当方選出:パルシェン・グライオン・ヤドラン
相手選出:ラティオス・ハッサム・バシャーモ

 初手でラティオスをパルシェンで倒した後に、予定通り後続のハッサムをグライオン、バシャーモをヤドランで処理することができました。ハッサム対面でグライオンがほのおのキバを外しましたが勝てました。


疲れたので今回はここまで。起きたら続きは書こうと思います。

受けループ@2012Feb (第20回シングル厨オフ使用)

トルンさん主宰の第20回シングル厨のつどいに参加してきました。初めてのオフということもあり、緊張もしましたし、にわかということもあり結果を残せるかどうか不安でしたが、なんと予選を突破しベスト16に残れたという結果を残せたのでパーティさらしをしていきたいと思います。


113.gif 472.gif
080.gif485.gif
454.gif091.gif


 はい、コテコテの受けループです。僕の中では"ラキグライドランドランち○こま○こ"と呼んでます。
→下ネタ乙

 この形に至るまで構築の初めの段階から残ったポケモンはラッキーとパルシェンだけとなっています。
 ドクロッグ入り受けループですとどらねこさんのパーティが有名かと思いますが(事実5体被ってますし)、彼の受けループの存在は調整を確定させてから知ったので、構築配分はかなり異なってると思いますし、向こうではゴミと認定された技構成が平気で入ってたりもするので、このあたりの違い、着眼点の同一点などを見ていただけるとありがたいです。

 対戦相手に「受けループにドクロッグ面白いね」といった声をたくさんいただけたのは嬉しかったですね。


【個別解説】

ラッキー

113.gif

性格:ずぶとい
特性:しぜんかいふく
持ち物:しんかのきせき
技構成:ちきゅうなげ/どくどく/ステルスロック/たまごうみ
努力値:0-xx-252-xx-4-252
実数値:325-xx-62-xx-126-102

 パーティの軸。特殊なら何でも止めます。ラス1でこのポケモンで圧倒できるような立ち回りをしていくのが理想であり、このパーティのコンセプト。ただし、ファミ通の記事でも書いたように受けループ対策のポケモンが多くそれらの処理を慎重に行う必要があります。


グライオン
472.gif

性格:ようき
特性:ポイズンヒール
持ち物:どくどくだま
技構成:ほのおのキバ/ハサミギロチン/まもる/みがわり
努力値:212-0-84-xx-0-212
実数値:177-115-156-xx-95-156

 素早さを非砂最速ドリュウズ抜き抜きに。準速ガブあたりまで抜きます。基本的に毒が入った自分より遅いポケモンをまもみがで削ることを意識します。ギロチンの試行回数確保も意識。地面技は迷った末切りました。ハッサムが何よりきつかったことと、地面技を切って影響が出そうなバンギラスは毒を入れる立ち回りでまもみがで処理できると判断した事とヒードランはこのパーティに出てきづらいと判断したためです。ドリュウズに対しては若干厳しくなりました。


ヤドラン

080.gif

性格:ずぶとい
特性:さいせいりょく
持ち物:リンドのみ
技構成:サイコキネシス/かえんほうしゃ/でんじは/なまける
努力値:244-xx-252-4-4-4
実数値:201-xx-178-121-101-51

リンドの実を持たせた理由は一つ。舞ったパルシェンを許さないこと。破ったパルシェンのめざめるパワー草をジュエル込みで耐えることができるようになりました。このパーティは積みポケモンを呼ぶのでこの選択をしました。ローブシンやバシャーモに対しても後出しをしていくのでゴツゴツメットとは直前まで迷いました。環境読みでのリンドの実の選択でした。エキシビジョンで1回刺さったのみだけど。逆にゴツゴツメットなら勝てたかもしれない試合が2回ありこれは何とも言えないところです。オボンを持たせれば、鉢巻ガブの逆鱗を2耐えしますが、今回は見ていません。火炎放射は撃つ機会がありませんでした。要考察。


ヒードラン

485.gif

性格:おくびょう
特性:もらいび
持ち物:たべのこし
技構成:かえんほうしゃ/どくどく/ステルスロック/まもる
努力値:216-xx-4-0-44-244
実数値:193-xx-127-150-132-140

 今回ヒードランは見せポケとしての役割が強かったです。ウルガモス、地震のないカイリューを牽制していきます。これもまた考察の余地が残されていると思います。


ドクロッグ

454.gif

性格:いじっぱり
特性:かんそうはだ
持ち物:あくのジュエル
技構成:ドレインパンチ/ふいうち/みがわり/つるぎのまい
努力値:4-252-0-xx-0-252
実数値:159-173-85-xx-85-137

 今回の地雷枠。ガチ環境において、どれだけ地雷を汎用性のある形で仕込めるかというのは勝つために必要だと考えたので採用。瞑想ノイクンが辛かったので完封できるポケモンとして採用しました。副次的にラッキー+ドクロッグで雨に対して制圧できることと、バンギラスにドレインパンチが強く一貫するメリットが生まれました。間違いなく今回のMVP。

 ふいうちは警戒されていますがジュエルを持たせることでラティオスが確定1発になります。耐久は耐久に振ったハッサムのバレパンがギリギリ2発耐えられる程度のものです。ドレパンでリカバリーできるものの立ち回りは慎重に、慎重に。


パルシェン

091.gif

性格:ようき
特性:スキルリンク
持ち物:こだわりスカーフ
技構成:つららばり/ロックブラスト/どくどく/どくびし
努力値:0-252-0-xx-4-252
実数値:125-147-200-xx-66-134

地雷枠その2。こいつの存在によりハッサムやロトム、耐久水の選出を余儀なくさせられます。こいつの攻撃技は氷柱とロックブラストで十分ですので、毒を2つ仕込みます。即効性重視なら毒毒、後ろのブルンゲルなどを意識するなら毒びしと使い分けます。グライオンとはタイプ相性、シナジーともに良好で、相手をはめ殺すギミックも仕込んであります。また、パルシェンのスカーフは警戒されないようで何匹ものラティオスとボルトロスを葬る事が出来たのも大きかったです。


【総括】

 このように、実はラキグライ軸でありながらも選出を縛り、読んだ選出を刈ることのできるポケモンを補完に入れることができました。スカーフパルシェンは諸刃の剣で死に出しからバシャーモやパルシェンが起点にしようとすることもあるので、後出しから確実に受けられるヤドランとの組み合わせは重宝しました。もちろん、ラッキーで止まると判断した場合はラッキー入りを選出していきます。積み技を使うポケモンがいない場合、交換合戦と毒で相手のHPを搾り取るのが理想です。

① ラキグライで呼びそうなポケモンにスカーフパルシェンが刺さる
② スカーフパルシェンで技を固定された後に出てくる積み系統のポケモンを確実に抑える

 これが、このパーティのキモです。ラキグライヤドランの圧力により、相手の選出は縛られまくりでした。

とはいえ、やはり構築でもっと詰めたいところは多々。頑張ってよりよい完成形に近づけたらと思います。

 対戦ログは後ほどまとめようと思います。みんな巧かった><

 では。

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR