イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |2011年06月

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回 コクーン育成論

脚注:この育成論ポケモンについて造詣の深くない読者を想定したmi○iで書いた記事で、ポケモン廃人を想定した記事ではありません。

i_kokuun.gif


種族値:45-25-50-25-25-35
努力値:252-0-4-0-0-252
実数値:152-45-71-41-45-95


性格:ようき
特性:だっぴ
持ち物:きあいのタスキorしんかのきせき
技構成:いとをはく/てっぺき


コクーンは、ビードルから進化させることで「いとをはく」を覚えることができます。この技は相手の素早さを1段階下げることができる技です。

この技を1回使うことで、最速77族より早くなることができます。つまり、同じ虫の仲間であるゴキブロスより早くなることができます。

この技を2回使うことで、最速120族より早くなることができます。つまり、モグラが三匹くっついたあのポケモンより早くなることができます。

この技を4回使うことで、現在のポケモン対戦界で最強と言われている、こだわりスカーフを持ったガブリアスより早くなることができます。



コクーンは、ポケモンハートゴールドソウルシルバーの教え技で「てっぺき」を覚えることができます。この技は自分の物理防御を2段階上げることができる技です。やせいのコクーンは「かたくなる」を覚えることができますが、僕のコクーンは2倍硬くなります。

この技を1回も使わないと陽気なガブリアス(A252振り)の地震で68.8%の確率で落ちてしまいます。

しかし、この技を1回使うことで、こだわりハチマキを持ったガブリアスの逆鱗を必ず耐えることが出来ます。

また、この技を2回使うことで、本来は弱点であるはずのメタグロスのしねんのずつきを半分くらいのHPを残して耐えることができます。

そして、この技を3回使うことで、弱点である飛行ジュエル持ちのアーケオスのアクロバットを93.7%で耐えることができるのです!

すごい硬いですね!
しんかのきせきという持ち物を持たせると、もっと硬くなりますよ!
脚注:進化の輝石を持たせてBS振りのほうが圧倒的に硬いはず…。だがそこまで考える余裕はなかった…。

そんな僕の糸をはいて、かたくなる「性器」のお話でした。
進化すると蜂になってダブルニードルします。
スポンサーサイト

第六回 スカーフムウマージ

ムウマージ
i_muumaaji.gif

種族値:60-60-60-105-105-105
努力値:0-0-4-252-0-252
実数値:135-72-81-157-125-172


性格:おくびょう
特性:ふゆう
持ち物:こだわりスカーフ
技構成:シャドーボール/サブウエポン/みちづれ/トリック

名前の通りこのムウマージはこだわりスカーフを持たせたムウマージ
ゲンガーでも同じことはできるけど、耐性的に超が等倍であるため格闘と組み合わせやすいこちらを選択しました。
まあヘドロゲンガーで超技縛ればいいんだけどwww

性格は臆病を選択していますが、控えめでも可です。その場合は91族スカーフと同速となります。
個人的には終盤の掃討役にも使いたいので、スカーフヒヒダルマ/シンボラーや、kskのサメハダー/メガヤンマを終盤で抜くことが出来る臆病を採用しています。

また、スカーフを持たせることによってヘドロゲンガーやシャンデラに対し先制でシャドーボールを打つことができるので、対霊での打ち合いにも強いのもポイントです。襷には注意。

では、シャドーボールの威力に関して考察を。
耐久4振りサンダースに対して乱数2発 (確率:28.5%)
耐久4振りヒヒダルマに対して確定2発(ダメージ量:51.9%~61.8%)
H252振りFCロトムに対して確定3発(ダメージ量:36.3%~42.6%)
H252振りゴルーグに対して確定2発(ダメージ量:73.4%~86.7%)
こう見ると弱点をつけない相手にはなかなか火力を発揮できないということが分かります^q^

続いて、サブウエポンについて。
ここは選択です。10まんボルト/エナジーボール/サイコキネシス/めざめるパワーあたりから選択してください。
これはパーティとの兼ね合いです。一応ダメージを参考に載せます。

HP252振りスイクンに対して
10まんボルトで確定3発(ダメージ量:42.1%~49.7%)
かみなりで確定2発(ダメージ量:51.2%~60.8%)
エナジーボールで確定3発(ダメージ量:33.8%~40.5%)

ウルガ1舞文字耐え調整ローブシンに対して
サイコキネシスで乱数2発(確率:93.8%)
HP252振りカイリキーに対して
サイコキネシスで確定2発(ダメージ量:51.7%~61.9%)

HP252ヒードランに対してめざめるパワー地面で確定2発(ダメージ量:68.6%~80.8%)
201ガブに対してめざめるパワー氷で確定2発(ダメージ量: 77.6%~93.5%)
HP4振りサザンドラに対してめざめるパワー氷で乱数2発(確率:35.5%)

このように、CSぶっぱ2倍弱点をついても大した火力が出ないのが種族値不足ゆえの悩みです。
ちなみに私はパーティに草タイプがおらず、水ロトムや水地面などを呼びやすいのでエナボを選択しています。

攻撃技は基本的に先発の様子見・終盤の削り役に使うことが多いです。
C252ロトムのハイドロポンプを余裕を持って耐え、補正ありC252ウルガモスの大文字もギリギリ耐えるので、一致特殊に関しては1発耐える場合がほとんどなので、先発でとりあえず1回殴るという仕事が遂行できます。(一発受けた後のHPは道連れを狙いやすいHPになっている事が多い)
地面読み・死に出しでの2度目の降臨で、道連れを狙ったり、終盤で持ち前の素早さを生かし一気に残党を刈ったりするのがこの子の仕事になります。

トリックによる輝石や耐久の無効化/みちづれによる強引な11交換は非常に強力で、相手パーティを半壊させるほどの力を持っています。

ポケモンでは当たり前の事ですが、戦局をつかみ、勝ち筋を作るためのプレイングを徹底させることでを真価を発揮するポケモンといえます。
そのために、どのポケモンを落とさなければならないのか役割を戦いながら模索する運用をしていきましょう^^

場合によって様々な役割を持ちうる、プレイングがキモのムウマージの紹介でした。

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。