イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |ランダムレートに関する雑感

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンXYレート環境調査(シーズン1)

お久しぶりです。シーズン1のレート環境調査が終了しましたので、ここに報告します。今回のデータ数は212でした。

【基本データ】
ヒストグラム

 レートを潜ってみた体感でもわかるようにレートのインフレが進んでいます。サンプル内でのレート平均値が1809であることからも、今までのレートとはその価値が極めて異なることが実感できると思います。XYのサンプルとBW2のンプルの間で偏差値を使った統一的な指標で判断すると、旧レート1750=新レート2050、旧レート1650=新レート1800程度になります。こちらのレート環境分析に興味を持っていただけた方はこちらからの投稿を切実にお待ちしております。


【個別KP】
XY season1

 詳細をご覧になりたい方は続きをご覧ください。

続きを読む

スポンサーサイト

2012年10月度レート環境調査報告

 こんにちは。2012年10月度のレート統計です。今回も732ものパーティーデータを集めることができました。統計データを提出してくださり、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

【基本情報】

10.png

 今回は1800以上のパーティーがなんと皆無でした。リセット後すぐということがこの構成に影響していると思います。来月には元に戻るでしょう。

【個別KP】

1050.png

 今回の特徴は、以前の第24回シングル厨のつどいで活躍した霊獣ボルトロス、第六回キツネの社mfの結果で活躍した霊獣ランドロス・ソーナンスがレート環境でも増加したことです。その強さが認知されてきつつありそのメタのポケモンが今後発掘されることとなるでしょう。

 詳細を読みたい方は続きをどうぞ。


続きを読む

第6回キツネの社mf環境考察

 今回も行っていこうと思います、前回のシングル厨の環境考察が分かりづらかったという意見もあったので、反省も踏まえて書いていきます。

【決勝進出者KP】

社6

 シングル厨にくらべて、カバルドン・ドリュウズ・ラッキーの暴走は落ち着いた印象です。

 かわって今回活躍したといえるのは以下の二匹。

ソーナンスフライドチキンランドロス

 KP5以上かつ、予選通過率が3割を超えたのは以上の二匹となりました。今回これらのポケモンを使用した人のパーティー一覧はこちら。

ランドロス

 シングル厨での優勝もあり、ソーナンスの使い手が増えたことがまず今回の主な特徴です。


【決勝に上がれなかったポケモン】

479-w.png

 なんと今回のKPは9。多いかどうか判断は各自に任せますが、かなりの数の水ロトムがいたことになります。前回のシングル厨の時もKP7で予選通過は0。

2012年9月度ランダムレート統計調査報告

 こんにちは。2012年9月度のレート統計です。今回は統計調査方法変更によって史上最高の611のパーティーデータを集めることができました。統計データを提出してくださる方々には非常に感謝の気持ちでいっぱいです。

【基本情報】

2012年9月基本

 シーズン終期であることから、レートの分布は安定しています。


【個別KP】


2012年9月


 上位層の変動はほぼありませんでした。大きく数字を落としたキノガッサのKPはテクニシャン型が案外使いづらいことがみんなわかってきたからだと思います。また、ラッキーの出現率が増加しており、これは「受けループ」ではなく「ラッキースタン」の増加を表しているのだと思います。詳細を読みたい方は続きからをご覧ください。


続きを読む

第24回シングル厨環境考察

 今回は新しいツールを作ったので、そのツールを用いて環境の考察をしてみようと思います。今回は24回シングル厨のデータをもとに考察。データは追記に貼ったので、詳しく見たい方はどうぞ。



分かったこと1)マンムーは弱い

オマンムー

使用率14% 予選抜け率0%

14人のマンムー使いは全員予選落ちした模様です。メタの進行を窺わせる結果となりました。

なお、KP5以上で誰も予選を通過することのできなかったポケモンは以上のポケモンとなります。


KP9
ポリゴン2

 ローブシン・ガッサに弱いのがネックとなったようです。
 
KP7
479-w.pngテコキオン

 低命中が鍵のようです。

KP6
i_shandera.gif




分かったこと2)PQRについて

 PQR(Pass Qualifier Rate)のこと。いい名前考えてくださる方募集。計算の方法は以下の通り。

PQR=(KP/参加者数)+(予選抜け者の中でのKP/予選抜け数)

 全体のKPと、結果を出した人のKPをほぼ同質に扱うことにより安定した指数を出せると判断してこの指数を採用してみました。この考え方は野球におけるOPS(出塁率+長打率)に近いものがあります。詳細はこちらも追記参照。

*KP相応にPQRが伸びているポケモン*
i_kairyuu.gif245.pngi_roobushin.gif



*KPも高くPQRが明らかに高いポケモン*

フライドチキンボルトロスカバルドン

*KPが低いのにPQRが伸びたポケモン*
ドリュウズ

 レートで見ないためか、カバドリが動きやすい印象でした。とりわけカバルドンが動きやすいというのが共通見解のようです。また、今回は予選の成績で勝ち越した人の多くが霊獣ボルトロスを使用しており、このポケモンの強さがいよいよ表に知れ渡ってきたかもしれません。




わかったこと3)霊獣ボルトロス
フライドチキンボルトロス

 決勝進出者の中のKPで単独首位の7(母数は16)を獲得した霊獣ボルトロス。型としてはオボンわるだくみ、スカーフ、眼鏡などがあげられます。


今回霊獣ボルトロス入りでシングル厨予選を勝ち抜いたパーティーは以下の通りでした。

ボルトロス入り

 わりとどのパーティーにも入ってくるなという印象です。正直型が気になります(




 今回は初めての考察ということもあり薄いかもしれません。これからはオフ環境の変化も読み解いていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

続きを読む

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。