イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |パーティー考察

Entries

ボルトロス!マンムー!ゴチルゼル!@第二回k-off使用構築

 皆さんこんにちは。久しぶりにオフ会に誘われ、クマさん主催のチーム戦に参加してきました。当初は6世代で出る予定でしたが、諸事情でホームグラウンドのポケモンBW2で参加することになりました。

 チーム成績4-4、個人成績5-3。選出ミスはあったかもしれないが、読みを排除した所謂「プレイングミス」は一つもなかったはずなので、ブランクを感じさせないあたりはさすが老害といったところ(高速バスでほとんど寝れず体力的にしんどかったのもさすが老害といったところ)。

 自分がどこか1つで勝利を拾っていれば予選を抜けられたというのは現役時代とあまり変わらない感じで、それも懐かしかったです。チームの雰囲気が良かったのでまたこのメンバーで参加したいです。(できればオール5世代で)

ゴチルゼルローブシンポリゴン2
245.pngi_borutorosu.gifオマンムー



ポケモン持ち物技1技2技3技4備考
ゴチルゼルカゴのみサイコショックかげぶんしんめいそうねむるかげふみ
ローブシンくろおびきあいパンチドレインパンチしっぺがえしみがわりてつのこぶし
ポリゴン2こだわりスカーフサイコキネシスれいとうビームでんじはトリックダウンロード
スイクンみずのジュエルハイドロポンプれいとうビームこごえるかぜほえるプレッシャー
ボルトロスいのちのたま10まんボルトめざめるパワー氷ばかぢからうちおとすいたずらごころ
マンムーきあいのタスキじしんつららばりこおりのつぶてねごとあついしぼう



【構築の経緯】
 五世代ということでゴチルゼルが使いたいので、ゴチルゼル入りで持っていた構築で一番強いと思ったこの構築を使用しました。変更点をベースに簡単に解説しているので興味のある方は続きをご覧下さい。



続きを読む

スポンサーサイト

シコー思考③

 こんばんは。この間、エメラルドグリーンのブラジャーを透けさせながら保険の営業をしている女性に危うく保険を契約させられてしまう所でした。今日は保険の話でもしましょう。


■サンダー
サンダーさんだー!

サンダー
10まんボルトめざめる‐パワー氷こうそくいどうバトンタッチ
じゃくてんほけんプレッシャー
おだやかorずぶとい197-xx-122-148-126-128
252-xx-132-20-36-64
※V-V-V-V-V-U

 バシャーモ→サンダー→キノガッサでは、キノガッサで何とかしなければならない相手が多いように感じたので、サンダー+キノガッサ@1で@1枠がメガ選出もできそうな高速移動バトンサンダー。配分はこれでいいのではないでしょうか。(投げやり)

 高速移動を見せることにより弱点保険を警戒され(?)、等倍高火力でごり押しされる場面が多かった。意表すらつけないゴミ。ナットレイ相手に不毛な居座りをしなければならないのでいっそバトンを切って、熱風を採用してもいいと思う。熱風かバトンを採用しなければ霊獣ボルトロスの劣化になってしまいかねないように感じた。


■メガフーディン
メガフーディン
メガフーディン
サイコキネシスくさむすびみがわりまもる
メガストーンマジックガード/トレース
おくびょう145-xx-105-196-116-218
116-xx-156-4-4-228

 数の多いボルトロスやゲンガー+1に強く出るフーディン。ボルトロスに対してはまもる→身代わりで電磁波を透かしながら立ち回る。10まんボルトを連打されたら「やばい」。フーディン入りの配分や立ち回りは、ななみさんのものが非常に参考になった。

 ガルーラを重く見るなら草結びは気合玉になるが、不意打ちとの無茶択を通し続ける自信がなかったのでスイクンやカバルドンを処理する草結びを採用。この枠は構築によると思う。アンコール、金縛りなど面倒な技を想定しなければならないことを忘れずに立ち回るのが良い。

シーズン11 シングルレート2000間近 いかく鉢巻ボーマンダ入り構築

i_borutorosu.gifメガガルーラメガゲンガー
n373.gifオマンムー245.png


ポケモン持ち物技1技2技3技4備考
ボルトロスきあいのタスキ10まんボルトめざめるパワー氷いばるでんじはいたずらごころ
ガルーラメガストーン
すてみタックルふいうちグロウパンチほのおのパンチきもったま/おやこあい
ゲンガーメガストーンたたりめきあいだまさいみんじゅつみがわりふゆう/かげふみ
ボーマンダこだわりハチマキげきりんじしんかみなりのキバそらをとぶいかく
マンムーいのちのたまじしんこおりのつぶてはたきおとすばかぢからあついしぼう
スイクンゴツゴツメットねっとうれいとうビームおいかぜミラーコートプレッシャー


 選出画面ではボーマンダとガルーラがメガ進化しそうですが、実際はゲンガーとガルーラがメガ枠なのがポイントです。
 大まかな立ち回りとしては基本的に交換は極力控え、対面で殴って負担をかけていき、11交換以上を狙っていきます。

 メガガルーラはゴツメ持ちで疲弊して十分な役割を発揮できぬまま不利な1on1交換を強いられるなら、もう一枚の物理火力で強引にガルーラを通していけばいいのではないかという頭の悪い発想により構築されています。シーズン11最高レートは1980ちょい超えたくらいですが、1900近辺をうろつくことが多く、このあたりが適正レートといったところでしょう。さらに上を目指すには何点か解決しなければいけない要素がありました。

 詳細は続きをご覧ください。

続きを読む

マイナンバトン+風船エレザード【ピカチュウカップ使用構築】

35107.png352966.pngエレザード
30581.pngエレキブルランターン

ダブルを真剣に取り組んだことがないにもかかわらず、電気統一だけで対戦するというルールが非常におもしろそうだったので、急きょ参加を決めた。考察不足は否めなかったが、面白ポケモンにたくさん遭遇して楽しかった。このような事前考察の場が乏しい環境では緻密なS調整、耐久調整が非常に難しくぶっぱに逃げてしまった。次回、環境に参加できるポケモンが限られる大会についてはトップメタを見誤らずに十分な調整を施したいと思う。


ポケモン持ち物技1技2技3技4備考
マイナンオボンのみわるだくみこうそくいどうバトンタッチまもるマイナス/HS
マルマインたべのこし
イカサマいばるじばそうさみがわりぼうおん/HS
エレザードふうせんハイパーボイスめざめるパワー地面パラボラチャージまもるサンパワー/CS
ロトム氷いのちのたまふぶきあくのはどうボルトチェンジまもるふゆう/CS
エレキブルラムのみじしんクロスチョップグロウパンチまもるでんきエンジン/AS
ランターンシュカのみねっとうほうでんみずびたしまもるちくでん/HD


【構築の経緯】
悪巧みバトンから通りのいい全体技で押し切る、というコンセプト。マルマインのじばそうさで耐久を上げながら積んでいく。エレキブルの地震が通ってしまうため、エレザードに風船を持たせたが活きる場面が多かった。また、素早さで優位に立てそうなパーティーには、[エレザード/エレキブル/ロトム/マルマイン]のような選出を行い、ひたすらバコバコ殴るようなこともあった。

【雑感】
・エレキブルを起点にするためマイナンはHBにすべきだった。
・アンコールの処理がマルマインの威張るに頼りがちであった。
・ロトム氷の吹雪を外したせいで負けた試合はなかったが、ロトム氷にめざ氷を仕込んでも良かった。
・エレキブルのクロスチョップは刺さらなかった。ほのおのパンチや岩雪崩を採用したほうがよい。
・霰を採用しないランターンに採用意義なし。シビルドンが適枠か。

改善点は浮かんでくるが今更浮かんでも二度とこのルールでポケモンをやることはなさそうだ。
こういうルールは面白ポケモンにたくさん出会えるし、普段使えないポケモンが使えて楽しいのでもっと積極的にやってほしい。

【相手にして強かったポケモン】
・スカーフ嘘泣きレントラー+メガネシンクロノイズサンダース
・タラプのみとぐろを巻くシビルドン(構築単位でシビルドンがきつい)
・かげぶんしんカットロトム
・エモンガ

【BWシングル】電磁波砂マッギョⅡ

平野マッギョ
クレセリアローブシン
i_borutorosu.gif245.png


ポケモン持ち物技1技2技3技4備考
バンギラスオボンのみストーンエッジステルスロックでんじはほえるすなおこし
マッギョたべのこしイカサマでんじはいばるみがわりすながくれ
クレセリアたつじんのおびサイコキネシスこごえるかぜめざめるパワー炎スキルスワップふゆう
ローブシンかえんだまドレインパンチマッハパンチからげんきみがわりこんじょう
ボルトロスヨロギのみ10まんボルトめざめるパワー氷ばかぢからでんじはいたずらごころ
スイクンカゴのみねっとうれいとうビームめいそうねむるプレッシャー

【構築の経緯】
 以前公開した電磁波砂マッギョの形ではBW2環境後期に数を増やしたパルシェンや積み系統に不利をとられることが多かったため、ラティオスをクレセリアに変更し、大幅に改築を行いました。今回は、前回との記事と重複して説明する箇所もあると思いますが、今は亡きBW環境への思いを馳せながら読んでいただければと思います。

【バンギマッギョとは】
 マッギョの見た目の煽り性能を生かし、いばみがにより相手を煽っていく戦術。一般的なバンギラス+ガブリアスの並びではガブリアスが電磁波を撒くことはできないが、マッギョではそれが可能なので差別化は出来ているといえます。なお、諸条件下における相手の行動率は以下の通りとなります。

砂 80%
麻痺 75%
砂+麻痺 60%
混乱(1~4ターン) 50%
混乱+砂 40%
混乱+麻痺 37.5%
混乱+麻痺+砂 30%

 単体解説は続きをご覧ください。

続きを読む

Appendix

プロフィール

ヒデキとガーネット

Author:ヒデキとガーネット
ブログはじめました。

兄:ガーネット
理系・BWシングルガチ勢
弟:ヒデキ
文系・BWシングル害悪勢

以上の特徴を踏まえ考察をご覧ください。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR